歯周病菌の除去がすべての基本!

こんにちは。掃除をする目的って知っていますか?「散らかっているのが嫌」「主婦としてやるのは当たり前」「汚れていると恥ずかしい」などの理由から掃除をするのはもちろんですが、掃除をする本当の目的はホコリやカビなどにいる菌が原因で起こる病気から自分や家族を守るためなのです。だから、お口のなかもいっしょです。歯周病は細菌による感染症です。歯周病菌をお口から追い出さないといけませんね。今回は、すなわち歯周病菌の除去についての話です。

歯周病が細菌による感染症だということをいいましたが、歯周病の原因は、歯にベッタリと付くプラークです。そのなかに潜んでいる歯周病菌が引き起こす炎症によって、歯を支える歯周組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまうという怖い病気なんです。また、いったん破壊されてしまうと回復させるのが難しい点でも、たいへんやっかいなんです。

歯周病がふつうの感染症と違うのは、病気の原因菌がふだんから私たちのお口のなかにいる常在菌だということです。お母さんの産道を通って生まれてくるときに感染するのではないかともいわれていて、私たちと歯周病菌の付き合いは、生まれると同時に始まっているのかもしれません。ただし、感染したからといって、すぐに歯周病になるわけではありません。常在菌である歯周病菌と人間は本来、平和に共存しているんです。

しかし、歯磨きをさぼったり、磨き方が雑だったりして、プラークが蓄積し成熟するにつれて、歯周病菌はお口のなかで猛烈に増殖します。すると、それまで保たれていた共生のバランスが崩れ、炎症が起きます。これが歯周病の始まりです。

歯周病の進行を止めるには、とにかく歯周病菌を徹底的に追い出すことです。空気にあたると死んでしまう嫌気性細菌である歯周病菌は、歯周ポケットの奥深くや軽石状の歯石のなかが大好きで、温かく空気のない恵まれた環境のなかに潜んでいます。そこで、歯周病菌を減らすには、歯面だけでなく、歯周ポケットのなかもスケーリングやルートプレーニングでしっかりと掃除します。それでも取れなければ、歯茎を切り開いてプラークや歯石の除去をします。

歯面のプラーク除去ももちろん重要で、歯科医院のプロフェッショナルクリーニング、患者さんご自身の丁寧な歯磨きで歯周病菌を徹底的に減らします。毎日の歯磨きも歯周病菌を減らすための立派な治療なんです。

いかがでしたか。お口のなかの掃除も除菌が目的なんです。お口のなかの掃除にもいろいろありますが、みなさん、さすがに歯茎を切り開く手術までして、お掃除したくはないですよね。早期発見・早期治療が歯周病治療の鍵になりますので、治療の先延ばしはもってのほか、早期に治療を始めましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯石を取ってプラークを徹底除去!

  2. 治療後に歯茎が下がったような気がする?

  3. 歯周病と肥満

  4. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  5. 歳をとると誰でも歯周病になるの?

  6. 全身の健康ときれいな口もとのために!