ほんとうの歯周ポケットとは?

歯周病の話には必ずといって登場してくる「歯周ポケット」。

歯磨き粉やマウスウォッシュのテレビコマーシャルで、誰もが一度は聞いたことがあるかと思います。

一般的に「歯周ポケット」は歯と歯茎の境目の溝という認識だと思いますが、一般的ではなく、ほんとうの「歯周ポケット」にはどのようにしてなっていくのでしょうか?

歯周病とは、歯肉や歯を支えている骨(歯槽骨)などの、歯を支えている組織(歯周組織)に起こる病気の総称です。

歯肉に炎症が起きた状態を「歯肉炎」、炎症が原因となり、歯槽骨など歯を支えている組織全体まで崩れてしまう病気を「歯周炎」といいます。

歯周炎になると、いわゆる歯茎が下がり、歯を支える部分がなくなってしまうため、歯が抜けてしまうのです。

健康な歯周組織は、歯根をすっぽりと包んでいます。

組織の一番外側を歯肉といい、その上端1mmぐらいの部分は、歯に密着しているわけではなく、歯との間にわずかな溝(歯肉溝)をもっています。

歯肉は、歯をとりまく線維によって、軽く歯に押し付けられているのですが、歯肉に炎症が起きるとこの圧力がなくなり、また組織が膨らむため、歯と歯茎との隙間が深くなります。

これを「歯周ポケット」とよび、健康な歯肉溝と区別しています。

しかし、このポケットはいわば仮のポケット(仮性ポケット)です。

この状態はまだ歯周炎ではありません。

歯周ポケットは炎症によってどんどん深くなっていきますが、深くなっただけでは歯周炎とはよばないのです。

歯根部分では、セメント質という物質が象牙質を取り巻いています。

この物質は骨とよく似た組織で、コラーゲン線維が入り込み、骨と歯を結ぶ役割を果たしています。

この線維が破壊されてはじめて、歯周炎とよばれるのです。

しっかり縫い付けられたところがほころびて、ポケット状になっていくのです。

こうしてできるのが、ほんとうの歯周ポケットです。

歯周ポケットは放置すれば、そこにますます汚れやプラークが溜まり、さらに溝が深くなって気付かないうちにどんどん骨を溶かしてしまいます。また、重度の場合(深さや状況によって)は、外科手術で歯茎を切開して中の歯石を除去しなければならないケースもあります。歯周ポケットを作らないためには、歯磨きをはじめとする日常の対策が最も大切です。歯と歯茎の間にある溝を意識して磨いたり、デンタルフロスを使用して歯の間の汚れを丁寧に落とすだけでも随分違いますので、ぜひ生活に取り入れてください。それと、歯科医院への定期的なメンテナンスを欠かさなことをお勧めします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病はどんなふうにひどくなる?

  2. 歯周病は本当に誰もがかかる病気なの?

  3. 自覚症状が出たときは重度の歯周病

  4. ガリガリっという音?歯や歯茎を傷つけてたりしないですよね?

  5. また歯磨きの話?あらためて教えてくれなくても・・・・

  6. 歯石は細菌の化石⁉