若い人でも歯周病にかかるの?

若い人、高校生でも、見た目は健康的にきれいな歯をしていても、歯が動いたり食べ物が詰まったりすることが違和感として気になっている人がいます。

ひょっとすると、細菌が奥深くに入り込んでいたり、免疫機能の低下や遺伝的要因という可能性があります。

もし本人が心に残るほど気になっているときは、通常ではなく異常と考えた方がよいでしょう。

問題があるかないかをすぐに診断してもらうことが未来のあなたの心と身体の健康につながります。

歯科医院で診断、そして必要であれば治療を必ず受けるようにしてください。

侵襲性歯周炎

歯周病といっても、病型によって違います。

一般的には歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病と呼んでいます。

歯肉炎は比較的若い人に、歯周炎は35歳以上の人に発症するというのが一般的です。

もし、ティーンエージャーで歯がグラグラしている症状であれば、特殊な歯周病かもしれません。

若年性歯周炎、今では侵襲性歯周炎と呼ばれています。

歯を支えている歯槽骨が全体にわたって吸収する型を全部性侵襲性歯周炎といい、上下顎の前歯部と臼歯部(奥歯)に限って骨が吸収している場合を局所性侵襲性歯周炎と呼んでいます。

健康的に見える歯茎でも、歯がグラグラ動く

侵襲性歯周炎は歯周病のなかでも特殊であり、比較的早期に発病します。

見たところでは、歯茎もきれいで健康的に見えますが、本人は前歯や奥歯が動いたり、食べ物が詰まったりすることが気になり、また歯科矯正の受診で指摘される場合があります。

通常の歯周病は歯と歯茎の間に歯周病原菌が付着し、感染によって炎症が生じるのに対し、侵襲性歯周炎は歯周病原菌のなかでも特殊な菌が付着して、歯と歯茎のなかへ入り込み、感染を生じ、歯根膜を侵し、歯槽骨を溶かしていきます。

通常、歯周病原菌はポルフィロモナス・ジンジバリスが代表される菌ですが、侵襲性歯周炎ではその他にアグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンスという、白血球毒素により歯周組織の破壊と好中球の機能異常が生じる歯周病原菌が存在しています。

歯茎の奥に侵入した細菌は、抗菌薬で除去することも

通常の歯周病原菌は、歯と歯茎の間のポケット内に存在していますが、このアグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス菌は歯茎の結合組織内に入り込んでいます。

なので、治療の方法が異なってきます。

一般的な歯周治療は、プラークコントロールを行い、ポケット内の歯周病原菌を機械的に掻き出し、セメント質に沈着している汚れや歯石を除去します。

しかし、この侵襲性歯周炎は、除去したい菌が歯茎の奥深くに入り込んでいるために、機械的器具のみでは除去できません。

抗菌剤を投与し、全身から歯茎へ、滲出液を介して除菌を行っていきます。

遺伝的要因、免疫機能の低下なら、適切な治療を

侵襲性歯周炎は、遺伝的な要素もあり、母親から感染する場合もありますので、親としても注意深く見守る必要があります。

いずれにしても、免疫機能の低下もありますので、確定診断をして適切な方法によって治療することが必要となります。

局所的に深い歯周ポケットの部位はフラップ手術、必要に応じて歯周組織再生療法という治療方法があります。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. はじめてみませんか?PMTCを

  2. 炎症は敵と戦っている証拠?

  3. 遺伝と生活習慣が左右する歯周病のリスク

  4. 全身の健康ときれいな口もとのために!

  5. 歯周病に効くという薬用歯磨きで歯周病予防はできる?

  6. 歳をとると誰でも歯周病になるの?