歯周病が心筋梗塞や糖尿病の原因に

生活習慣病の代表的な症例として、

・高血圧
・脂質異常症
・糖尿病

などがあります。

これらは自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに進行し、脳や心臓、血管などにダメージを与えていきます。

その結果、ある日突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、命に関わる恐ろしい疾患を引き起こすことがあります。

そのため、生活習慣病は「サイレントキラー」と呼ばれています。

いうまでもなく、心筋梗塞などが起こってからでは手遅れです。

たとえ症状がなくても、食事や運動など生活習慣を見直し、これらの恐ろしい疾患の予防に努めることが重要なのです。

では、お口についてはどうなのでしょうか?

歯を失ってしまう原因は大きく2つあります。

それは虫歯と歯周病です。

大人の場合は、歯周病によって歯を抜かなければならなくなるケースが多くあります。

歯周病は高齢者がなるものと思っていませんか?

残念ながら、近頃に至っては10代の半数に歯周病の初期症状がみられます。

30代前後では8割の人が歯周病を発症しているとも言われています。

歯周病はお口の中の細菌によって、歯肉に炎症が起き、やがて歯周組織(歯を支える周囲組織の総称で、軟組織の歯肉・歯根膜と硬組織のセメント質・歯槽骨の4つの組織を指します。)が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。

従来、歯周病はお口の中の病気と考えられていました。

しかし、今では歯周病と全身との関係について様々な病気との関連性が指摘されるようになりました。

歯周病を引き起こす細菌は血液中に侵入して、全身の病気の原因になっている可能性があるのです。

例えば、心疾患。

歯周病の原因となる細菌が動脈内にプラーク(沈着物)を作って動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋梗塞を発症させる可能性。

歯周病患者はそうでない人に比べて、心疾患を発症するリスクが高いと言われています。

誤嚥性肺炎も、歯周病を引き起こす細菌が主な原因とされています。

唾液や食べ物が誤って肺に入って、だ液に含まれる細菌が肺炎を発症させてしまうという。

口腔ケアをすることで誤嚥性肺炎の発症率が下がるとも言われています。

また、糖尿病は歯周病と深い関係があります。

糖尿病はインスリン(すい臓から出る体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンです。)が足りなくなることで高血糖の状態が続き、腎臓や目の網膜などに異常が現れ、様々な合併症を引き起こして死に至る病気です。

糖尿病により身体の機能が低下することで、歯周病を引き起こす細菌に感染しやすくなり、歯周病の発症や重症化を進めてしまいます。

歯周病は糖尿病の合併症の一つとしてとらえられているのです。

そして、歯周病が重症化すると、血液中のインスリンの働きが妨げられて血糖値が高くなり、糖尿病が悪化し、歯周病の進行も進むという悪循環に陥ることになってしまいます。

糖尿病患者の多くに歯周病がみられますが、歯周病を治療することで血糖値が改善されることも十分に考えられます。

お口は健康の入り口です。

その入り口に健康を妨げる原因をつくっては健康への道はつくれません。

道は自分で切り開くと言いますが、まさしくその通りです。

この機会に歯周病予防、歯周病治療を実践し、健康への道を自分で切り開いてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯の噛み合わせと歯周病の関係

  2. 治療後に歯茎が下がったような気がする?

  3. 歯周病の歯は臭いガスを作る貯蔵庫

  4. 歯周病と肥満

  5. 歯周病治療に参加しましょう!

  6. 噛み合わせが歯周病の原因になる?