ホームデンティストだから可能です

歯科との継続的なお付き合いがお子さんの歯をきれいに育て、守っていきます。

虫歯は予防できることが、今では世間一般に知られるようになりました。

赤ちゃんのころからフッ素塗布を行い、毎晩ていねいに仕上げ磨きをすることで、お子さんの歯を虫歯から守ろうと一生懸命なお母さんが増えていると思います。

とても素晴らしいことです。

そんなお母さん方からお聞きするのが「私は子どもの頃から歯のことで苦労をしてきたので、子どもに同じ思いはさせたくない」という切実な願いです。

きれいで健康な歯は、親から子に与えられる大切な財産です。

親御さんのその気持ちを大事にし、形にするために、私たちは患者さんのホームデンティスト(歯科でのホームドクター)として、お子さんの成長過程を継続的に見守らせていただきたいと思っています。

そのためには、ぜひ日頃からメインテナンスを受けていただきたいと願っています。

幼稚園や保育園で受ける歯科検診の結果をもとに来院し、治療を終えたあとを機会にしていただき、定期的にメインテナンスを受け始めることもよいと思います。

いずれにしても、永久歯を虫歯から守り、歯並びの悪化を防ぐための対策を打つのであれば、6歳頃から始まる混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期のこと)をどのように過ごすのかが重要になってきます。

メインテナンスの開始時期はとても大事です。

できれば、混合歯列期に入る少し前の3~4歳から、定期的なメインテナンスを始めていただきたいと思います。

歯科医院の手を借りて、少しやり方を変えれば、虫歯のリスクを軽減することができます。

もしも乳歯に虫歯ができていても、混合歯列期が始まるまでにお口の中の環境を改善すれば、生え替わった永久歯を虫歯にならないように守っていくことが十分可能です。

そして、乳歯列の頃から、お子さんの成長過程を見守らせていただくメリットは、他にもあります。

お子さんの歯並びが将来大丈夫なのか、あるいは悪くなる兆候があるのかを専門的な目で診て、問題が起き始める前に診断することができるからです。

歯並びが悪くなることが予測される場合は、成長過程を見ながらタイミングを計り、咬合育成(歯が生え替わり始めた頃の子どもにだけ可能な、悪い歯並びの予防のことで歯列の発育を助けます)を開始でき、一生に一度のこのチャンスを、歯並びの悪化を防ぐための切り札にすることができるのです。

お子さんの成長は待ってくれません。

日頃から見守っていないと、せっかくのチャンスを逃してしまうケースも少なくありません。

お子さんに「歯で苦労しない人生」をプレゼントするなら、ぜひホームデンティストを持ちましょう。

orthodonticdentistry_blog_37_1

きれいで健康な歯は、親から子への一生涯役に立つプレゼント。

お子さんの歯を私たちといっしょに守っていきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

  2. 歯並びは側方歯群の生え変わりの順序に影響を受ける⁉

  3. 虫歯にかかりやすい年齢は?

  4. 子どもの過剰歯・欠如歯をチェック!

  5. 歯磨きをすれば虫歯にならない?ホント?

  6. 永久歯に生えかわる時期の歯の萌出やあごの成長は多種多様