仕上げ磨きのすすめ

子どもの虫歯予防において一番大切なことは、親の仕上げ磨きです。いつ、どのように磨けばよいのか、いつまで必要なのか。小さなお子さんをお持ちのお母さんはぜひ知っておいてください。

大人でも、毎日ブラッシングしているにもかかわらず、虫歯になってしまうことがあります。そのくらいブラッシングは難しいもので、小さな子どもにとっては、なおさらです。子ども本人に任せきりにはできません。仕上げ磨きは寝る前にするのが最も効果的といえます。無理なら1日1回、子どもの機嫌のよいときから始めましょう。スタイルは寝かせ磨きがよいでしょう。幼少の時期は嫌がる子も多いようですが、お乳を飲ませるように抱っこして磨けば、上手くいきます。

歯ブラシは、子どもが使うものとは別に仕上げ専用の歯ブラシを準備します。できるだけ小さく、毛先の開いていないものがよいでしょう。持ち方は鉛筆を持つようにして、歯をよく見ながら上下の表、裏、噛み合わせを丁寧に磨きます。

とりあえず、六歳臼歯4本が生えそろうまでは毎日磨いてあげたいものです。上の奥歯の歯と歯の間に糸ようじが使える技術が身につけば、しっかり磨けているといえるでしょう。早く子どもの仕上げ磨きから開放されたいと思っているなら、子どもが上手に磨けるように頑張ってください。

仕上げ磨きを卒業しても、十二歳臼歯が生えそろう小学5~6年生のころまでは、ときどき点検が必要です。優しく磨いてあげると、眠たくなるほど気持ちがよいもの。スキンシップのラストチャンスになるでしょう。同時に爪や耳の点検をしてあげるのもよいでしょう。

虫歯のないしっかり噛める永久歯ができあがれば、仕上げ磨きの役割はおしまい。目標は、自分で自分の歯が守れる子どもに育てることです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 子どもの歯が生え替わる前に知ってほしい

  2. 赤ちゃんのお口

  3. 子どものお口のなかは、成長と健康のショーウィンドウ

  4. キチキチの乳歯にご用心!

  5. 歯並びは側方歯群の生え変わりの順序に影響を受ける⁉

  6. わが子を虫歯にさせない4つの方法