イヤイヤ期はどう乗り切るの?

イヤイヤ期。
それは、子どもが成長し「自分の欲求」を認識して相手にぶつけるようになる第一次反抗期のことです。個人差はありますが一般的には1歳半辺りから始まり、2歳頃にピークを迎えると言われ、多くのママ・パパが悩んでいるかと思います。

このイヤイヤ期の頃の仕上げ磨きについてのお悩みはよく耳にします。「泣き叫ぶ」「意地でも口を開けない」「逃げ回る」といった行動で仕上げ磨きを嫌がられ、子どもが虫歯になることを不安に追い詰められた気持ちになってしまう親御さんも少なくないようです。

そこでまずは、お子さんが仕上げ磨きを嫌がる理由から考えてみましょう。考えられる理由のひとつは、お子さんが成長し「自我」が芽生えたからです。仕上げ磨きだけでなく、ご飯もイヤ、着替えもイヤなど、自分の意思をはっきり言えるようになったということです。その他にも、自由な動きを制限されるのがイヤ、遊んでいたいといったお子さん側としての事情があるのでしょう。

我慢が通じないこの時期にお子さんの行動を変えるには、単刀直入に言って、歯磨きタイムを楽しいと思ってもらうよりほかに方法はありません。楽しいビデオを見ながら歯磨きしたり、使う歯磨き剤に変化をつけたり、すかさず褒めたりするなど、あれこれ工夫しているうちに、お子さんはさらに成長して仕上げ磨きのあいだ我慢してくれるようになっていくでしょう。

  1. 楽しい雰囲気で仕上げ磨きをしましょう。「おかあさんといっしょ」の定番ソングや「はみがきのうた(東京ハイジ、YouTube)」など、お気に入りのビデオが見つかるといいですね。
  2. 子ども向けの歯磨き剤やジェルとして、アップルやグレープなど、いろんな香味のものが売られています。いくつかそろえて「今日は何味?」と選べると楽しいですね。
  3. いつもママが磨いているなら、ぜひパパにもお願いしましょう。慣れない分やさしく磨いてくれるでしょうから、子どもに好評かもしれません。忙しいパパなら、仕上げ磨きがお子さんとの貴重なスキンシップになりますよ。
  4. 歯磨きはとても大事です。でも、たまの休みなら大丈夫です。次の日すぐに虫歯ができるわけではありません。「今日は無理」という日は「明日必ずね」と約束して、お休みもありです。

一方、親御さん側の問題としてよくあるのが、磨く人の顔が必死で怖いというものです。無理をしてでも笑顔をつくっているほうが、お子さんの変化につながりやすいです。そして、もうひとつありがちなのが、歯磨きによる痛みです。「歯ブラシが当たって痛い」「爪が当たって痛い」といった不快な経験があると、お子さんががんとして口を開けない原因になってしまうことがあります。

楽しい雰囲気づくりと、痛くない仕上げ磨きのコツををつかむことがポイントです。あまり思いつめずにイヤイヤ期の仕上げ磨きを続けていきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 永久歯への生えかわりはスムーズですか?

  2. 舌小帯異常には要注意!

  3. 歯をケガしたとき、これだけは押さえて!

  4. 1日24時間休みなく繰り返す呼吸だからこそ、鼻呼吸で!

  5. 歯並びは側方歯群の生え変わりの順序に影響を受ける⁉

  6. 歯が溶ける?酸性度の高い飲み物に注意!