六歳臼歯の重要性「最初に生える❝歯の王様❞」

第一大臼歯は、真ん中から数えて六番目の上下左右に四本ある大きな歯です。この歯は六歳頃に生える最初の永久歯、六歳臼歯とも呼ばれています。この歯は噛む力が一番強く、歯並びの基本となる歯なので「歯の王様」といわれています。

けれども、この歯は二十本ある乳歯の奥に生えてくるため、萌出に気づかないことが多く、また、萌出途中は背が低いので歯ブラシが当たりづらくブラッシングが行き届かないため、噛み合わせ部分にたくさんある溝が虫歯になりやすくなります。

六歳臼歯の虫歯予防のポイントは

①常にこの歯の萌出に注意し、歯茎からポツンと頭を出した時点で、子どもさんに大事な歯であることを鏡で見せながら教えましょう。下顎から先に萌出します。

②夜、大人が仕上げ磨きをしましょう。歯ブラシは赤ちゃん用か仕上げ磨き用など、小さいもので。他の歯より一段低いので、横から磨きましょう。

③萌出して三年間くらいは歯質が弱く虫歯になりやすいので、甘いお菓子や清涼飲料水には気をつけましょう。三年経てば、タケノコが竹になるように歯質も強くなります。

④虫歯になる前に、歯科医院で次のような専門的な予防処置を受けることもできます。

★噛み合わせの部分が萌出した時点で、フッ化物入りのセメントを溝に埋め込みます。セメントはブラッシングなどにより徐々にすり減りますが、上から補充できます。

★生えきれば、溝にシーラント(セメントより硬いプラスチック)を施し、表面にフッ化物を塗ります。

六歳臼歯が四本とも生え揃うまでには二~三年かかるので、年に数回の定期検診が必要です。子どもが十二歳になる頃、六歳臼歯の後ろに萌出する第二大臼歯四本への対策も必要です。

歯は一度治療すると寿命が短くなります。永久歯が真に「永久」の歯でありうるよう、生え始めの子どもの歯は親が全力で守ってあげたいですね。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. わが子を虫歯にさせない4つの方法

  2. 生え替わりから大人の歯の完成

  3. 乳歯のひどい虫歯は哺乳瓶がつくる

  4. 呼吸・ことば・嚥下

  5. 乳児期にこそ大切な舌の運動

  6. 虫歯にかかりやすい年齢は?