ケガした歯には経過観察をお忘れなく!

 腕や足をケガして治療を受けたあとは、完治するまで何ヶ月(あるいは何年)か定期的に病院に通って、経過観察を受けます。歯のケガの治療もそれと同じです。ケガをした歯には、長期的な経過観察が必要となります。
 とくに歯のケガの場合は、受傷直後にはわからないけど、時間が経つと見えてくるトラブルがたくさんあります。
 時間が経つと見えてくるトラブル、どんなのがあるのでしょうか?

歯の根っこが割れる。

 歯をぶつけたとき、歯の根っこの亀裂がわずかなときはエックス線写真でも検出できません。時間が経って亀裂が広がると、はじめて歯の根っこが破折していることがわかります。判別までに2週間以上かかることもあります。

歯の根っこがなくなる。

 歯の根っこが部分的に失われたり、歯の土台の歯槽骨が失われるため、進行すると歯が抜けてしまいます。おもに受傷後1~6ヵ月以内に観察されます。早期に発見し、神経を取る治療や手術をすることで食い止めます。

歯が変色する。

 ぶつけた歯のなかで内出血が起きて、黒や茶色などに変色します。変色が自然に改善しない場合は、歯の神経(歯髄)にダメージが及んでいる可能性があります。神経が死んだまま放置されると、歯の寿命はとても短くなります。

永久歯にも影響が!

 乳歯をぶつけた場合、あとに生えてくる永久歯に少なからず影響が見られます。いちばん多いのは、歯の表面にできる斑点状の白濁です。受傷により、乳歯が永久歯の芽にぶつかったところが、ほんのわずかな範囲で白く変色するのです。変色はそれほど目立たないこともあれば、レジンで埋めることで見かけを改善できることもあります。

 こうしたトラブルには、受傷後数週間でわかるものもあれば、何ヶ月かからないと、「大丈夫ですね」と太鼓判が押せないものもあります。
 すべてのトラブルの芽が出尽くすのにかかる年月は、約1年間。ですから、最低でも1年は経過観察のための定期受診が必要となります。
 歯の根っこや永久歯、または歯の内部のトラブルは、その兆候が早くわかるほど、いろいろな手が打てます。お子さんの歯のケガの治療を成功させるため、ぜひご協力いただければと思います。
 ケガをしたあとの受診は1日以内、治療後の経過観察は1年が理想です。

時間とともに現れるトラブルは、経過観察で早めに察知できれば多くの場合、対応が可能です。ですから、治療後はぜひ定期受診にご協力をお願いいたします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. この子、虫歯があるって。

  2. イヤイヤ期はどう乗り切るの?

  3. 舌小帯異常には要注意!

  4. 子どもの過剰歯・欠如歯をチェック!

  5. 歯磨きをすれば虫歯にならない?ホント?

  6. 歯並びの悪さの3つ目の原因は虫歯!