生え替わりから大人の歯の完成

乳歯が抜け落ちて次々に大人の歯に生え替わる10年間。この間、体も大人の体へ成長していきますが、お口の中も健全な大人の歯列を完成させたいものです。

6歳頃、下の前歯が生え替わる

 生えたばかりの歯の表面は弱く、1~2年かかって徐々に強くなっていきます。ですから、大人の歯が生え始めるこの時期が、歯の一生の運命を決めるといっても過言ではありません。
 弱いエナメル質を強くするためには、フッ素塗布やフッ素洗口、フッ素入り歯磨き剤が効果的です。おやすみ前に、お母さんやお父さんが仕上げ磨きをしてあげる習慣はきっと大きくなって役立つでしょう。

6歳~小学校低学年、生え替わり

 小学1~2年生で前歯のない状態になります。こうして次から次に乳歯が永久歯に生え替わります。この時期の目標は、子どもが自分自身できれいに(ていねいに)歯磨きをできるようにすることです。学校の歯科健診で、虫歯や歯並びの異常を指摘されたら、かかりつけの歯医者さんに相談しましょう。学校の歯科健診は、病気の診断をしているわけではありません。初期の虫歯は、しっかりした管理で元どおりに回復します。学校でのケガもあるでしょう。ぜひ、相談ができて予防ケアをしてくれる歯医者さんを決めて受診してください。

8、9歳~小学校高学年、大人の歯の完成

 歯は生えてから数ヵ月間、唾液に育てられ、硬く立派な歯になります。生えたばかりの歯はとても弱いのです。この時期にだらだらとおやつを与えるような習慣は、一生の損になってしまいます。
 また、歯並びのほうですが、しっかり噛んで前歯から奥歯まで上の歯が下の歯をちょっとだけ隠しているのが正常な歯並びです。本格的な歯並びの治療は、早ければこの時期には始めます。

12歳頃、大人の噛み合わせ

 最後の永久歯が6歳臼歯の奥に生えてきます。女の子では、この時期に初潮があります。アゴの奥の方に生えてくるので、知らないうちに虫歯になってしまうことがあります。特に上の奥歯は、唾液が行き届きにくいのです。歯磨きの方法も、子どもの歯の磨き方から大人の磨き方に変えなければなりません。大人の歯磨きは、力を入れずに、毛先を歯の表面に当て、窪みになった歯と歯茎の境目とすみっこをきれいにする磨き方です。

中学~高校

 思春期には、歯肉も炎症を起こしやすくなります。歯肉の炎症は、やわらかい毛先の歯ブラシでていねいにブラッシングすれば治ります。この時期から生活習慣をつけようとしても難しいでしょう。もう生活を自己管理させる時期です。しかし、この時期は食生活も睡眠などの生活習慣も乱れがちです。反抗的な言葉や態度が気になりますが、遠くから広い気持ちで見守ってあげましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 子どもの歯ってどう生える?

  2. 一番最後に生える第三大臼歯

  3. 哺乳類or哺乳ビン類?

  4. 子どもの虫歯を予防するには?

  5. 痛みや出血がなくても受診を。

  6. 子どもの虫歯はどうしてできるの?