子どもの虫歯はどうしてできるの?

 赤ちゃんのお口のなかに、初めて真っ白い歯を見つけたときは、誰もがわが子の成長を感じることができて嬉しい気持ちになるでしょう。同時に、この歯がいつまでも健康であることを願うのではないでしょうか。

 新生児は、無菌に近い状態で生まれてきます。では、お口のなかの虫歯の原因となる細菌は、どこからやってくるのでしょう?

 虫歯の原因となる細菌は、お母さんのお口のなかから、唾液を通してあっという間に子どもにうつります。そのなかで虫歯の原因となるのが、歯を住処とするミュータンス菌です。お母さんのお口のなかにミュータンス菌が多くあると、生えたばかりの乳歯は、たちまち虫歯になる危険にさらされます。

 ミュータンス菌は、歯を住処とする細菌で、お口のなかに残っている糖を分解して、ネバネバした物質を作り出し、歯の表面に薄い膜のように張り付きます。これがプラーク(歯垢)で、強い酸を作り出します。すると、プラークに接する歯の表面も酸性となって、歯を形作るミネラルが奪われていきます。糖がお口のなかに取り込まれるたびに、この現象が起こり、歯の表面が酸によって溶けていくのです。

 ただし、歯は唾液のなかに含まれるミネラルを取り込み、酸によって溶け出した歯の表面を元に戻します。ミネラルが奪われることを脱灰、ミネラルが取り戻されることを再石灰化といいますが、このふたつのバランスが崩れ、歯の表面からミネラルが奪われ続けることによって、虫歯はできるのです。脱灰と再石灰化のバランスは、唾液の量や性質、歯の強さ、飲食の回数などによって左右されます。

 ミュータンス菌は歯を住処とするため、歯が生えないうちは菌がお口のなかに入っても定着しません。1歳半くらいになって上下の前歯と奥歯の一部が生えてくると、ミュータンス菌が定着し始めます。一般的に親のミュータンス菌は、1歳半から3歳くらいまでにうつりやすいといわれています。特に乳歯は酸に弱く、表面のエナメル質やその下の象牙質が永久歯の約半分の厚みしかありません。このため、感染すると虫歯になりやすく、進行も早いのです。

 ミュータンス菌が子どもに感染しないように、保護者は同じ箸やスプーンを使って食べたり、キスをしたりするのを避ける必要がありますが、何より大切なことは、自分のお口のなかを清潔にしておくことです。子どものお口のなかの細菌のうち、母親が感染源となる割合は40%程度、父親の割合は約20%です。そのほか、兄弟や祖父母も感染源となります。赤ちゃんの歯を守るには、家族全員のお口のなかを健康にしておくことが重要なのです。

 特に出産後の母親は、生活が不規則になり、お口のなかの衛生状態が悪くなりがちです。このため、妊娠中に虫歯があれば治療しておくなど、お口の衛生に気を配っておくことが、生まれてくる赤ちゃんの虫歯予防につながるのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 子どもの虫歯を理解しよう

  2. 子どもの過剰歯・欠如歯をチェック!

  3. 哺乳類or哺乳ビン類?

  4. 六歳臼歯は、お口の健康の要

  5. 子どものお口のなかは、成長と健康のショーウィンドウ

  6. 歯をぶつけた!そのとき何が起こっている?