歯をケガしたとき、これだけは押さえて!

 お子さんが歯をケガしたとき、どのような対応をしたらよいのかわからず、困ってしまうお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
適切な応急処置は、ケガがよりきれいに、よりよく治るためにとても大切なので、ぜひ知っておいてください。

まずは全身をチェック

 歯科を受診する前に、お子さんの脳や目に異常がないかをチェックします。
次の症状があるなら、まずは医科を受診してください。

  • 吐く
  • 鼻血・鼻水が続く
  • ふらつく
  • 頭痛がする
  • 目がみえにくい
  • 記憶が欠けている
  • 顔色が悪い
  • 短時間でも意識がなかった
  • 歩き方がおかしい

 いちばん危険なのは、耳介後部出血(パンダ耳)と眼窩周囲の皮下出血(パンダ目、ブラックアイ)です。1時間以内に医科を受診してください。
 余裕があれば、お子さんがケガをした場所や状況、時刻などをメモしておきましょう。医師がケガの種類や範囲、程度を診察し、推察する際の助けとなります。

歯が抜けた場合

 歯のケガのうち、緊急度ナンバーワンです。抜けた永久歯は早く植え直してもらうほど、元に戻る可能性が高まります。
 抜けた永久歯が残せるかは、時間との闘いです。お子さんの場合、ゴールデンタイム(治療の成功率が高い時間)は3時間といわれています。
 抜けた永久歯は、ラップやビニールで包んで乾燥を防ぎ、1時間以内に受診してください。すぐの受診が難しい場合は、牛乳に入れて冷蔵庫で保存しておきます(もつのは一晩ほど)。注意してほしいのは水洗いです。水道水には塩素が含まれてるため、泥や砂がついていても、抜けた歯を水で洗うのはNGです。再植前に歯科医院で徹底的に洗浄しますので、泥や砂は気にしなくて大丈夫です。
 乳歯が抜けた場合、植え直すことは原則としてありませんが、あとに生えてくる永久歯への影響も考えられますので、受診をお勧めします。

歯が欠けた、折れた場合

 歯のかけらを見つけたら、牛乳に入れるなどして、感想を防いで歯科医院にお持ちください。
 歯の神経(歯髄)を守るためには、1日以内に受診するのがお勧めです。半日くらい経つと痛みが強まることが多いので、放置は危険です。

くちびるや歯茎が切れた場合

 傷口を清潔なガーゼなどで軽く押さえて、止血しておきます。腫れを防ぐためにできるだけ早く氷で30分冷やします。腫れてからは水とタオルで冷やします。
 土やアスファルトなどは、たとえ粉のような細かい異物でも、傷のなかに残ると傷跡になりかねません。ですので、その日のうちに歯科医院で十分に洗浄してもらいましょう。同時に歯をぶつけていることがあるので、歯の検査も受けましょう。

歯がグラグラする、噛むと痛い場合

 歯が抜けかけていたり、歯の根っこや、歯を支えるあごの骨が骨折している可能性があります。
 外れそうな歯を飲み込まないように注意して、少なくとも3日以内に受診してください。

歯のケガは、元気いっぱいなお子さんには常に隣り合わせのトラブルですが、虫歯と比べて一般の方に知られていないことが多いせいか、すぐに歯科を受診されなかったり、途中で経過観察に来院されなくなったりして、せっかく残せたはずの歯がダメになってしまうこともあります。歯のケガの治療を成功させるためにも正しい知識を身につけておきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 舌小帯異常には要注意!

  2. お子さんの姿勢は大丈夫?

  3. わが子を虫歯にさせない4つの方法

  4. 子どもの歯ってどう生える?

  5. お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

  6. よい噛み合わせは小児期に作られる