生えたての赤ちゃんの歯に、歯磨きは必要なの?

はじめてのお孫さんができてかわいくて仕方がないおばあちゃん。お孫さんと早く遊びたくて、歯磨きなんて眼中にないかもしれません。「おっぱいと離乳食だから歯なんてそんなに汚れやしないって。ガーゼでチョイチョイって拭けばいいのよ。歯磨きなんてイヤよね-。」という感じに。

赤ちゃんは、まだ飴やチョコのような甘いお菓子は食べないし、歯磨きしなくても大丈夫なんじゃないかと思うかもしれません。でも、歯の表面や歯と歯の間には汚れが溜まるんです。特に哺乳瓶やマグがいつも当たる前歯は注意が必要な場所なんです。

「赤ちゃんが動き回って歯磨きするのが難しい。」って困っているなら、策として、歯と歯の間にフロスをして、あとはガーゼで拭くという方法もあります。

それと、お母さん方からよく聞かれるのが、「フッ素はいつ頃から使えばいいですか?」という質問です。歯が生えてきたら、フッ素入りジェルなどを使いましょう。生えたての歯にはフッ素の効果がより高いんです。安心して使ってください。歯ブラシやガーゼに付けて使うといいですよ。フロスも忘れずに。

ただし、奥歯が生えてくる頃にはガーゼは卒業です。噛み合わせの溝を歯ブラシでよく磨く必要が出てきますから。もちろんフロスはそのまま続けましょう。

反抗期の2歳近くになってから、甘いおやつが好きだからと急に歯磨きをはじめても、なかなか上手くいかず、歯磨きが嫌いになってしまうこともあります。だから、赤ちゃんの頃からお口のなかを触られることに慣れさせておくことって大切なんです。この調子で仕上げ磨きを続ければ、お孫さんが虫歯ゼロで成人を迎えるのだって夢じゃありません。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 乳児期にこそ大切な舌の運動

  2. 子どもの虫歯を理解しよう

  3. この子、虫歯があるって。

  4. 仕上げ磨きのすすめ

  5. 子どものお口のなかは、成長と健康のショーウィンドウ

  6. 一番最後に生える第三大臼歯