永久歯への生えかわりはスムーズですか?

お子さんの歯の健康について、虫歯予防はもちろんとても大事ですが、噛み合わせに影響する「過剰歯」(余分な歯)や「先天性欠如歯」(足りない歯)のチェックも大事です。子育て中のお父さんやお母さんは初耳だと驚く方が多いそうです。まして、過剰歯が約30人に1人、先天性欠如歯が10人に1人いるという話はとくに驚かれるようです。

過剰歯や先天性欠如歯の早期発見が大事なのは、放っておくと周りの健全な永久歯を傷めてしまうということのほかに、これらの問題によって歯並びや噛み合わせが崩れてしまいやすくなるからです。噛み合わせが悪く、偏った噛みかたをしていると、あごの成長が歪み、骨格が完成する頃にはその歪みが定着してしまうのです。

しかし、7歳頃にチェックできれば、経過観察をしながら、必要に応じて手を打つことができます。お子さんの成長に寄り添い、見守るといった息の長い治療になりますが、逆にいえば、それだけ改善のために手を打てる時間の猶予と選択肢の広がりがあるということでもあります。

お子さんの虫歯予防のためにかかりつけの歯科医院をもち、歯の生えかわりとお口の成長の様子もいっしょに診てもらっておくことがとても大事です。「お子さんにレントゲンを」というと、放射線量が気になるでしょうが、レントゲンで診ないとわからないこともたくさんあります。お子さんのお口の健康をしっかり見守るために、パノラマレントゲン撮影検査をお役立てください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 子どもの虫歯はどうしてできるの?

  2. フッ素入りの歯磨き剤や洗口液も使ってフッ素が過剰にならないの?

  3. 呼吸・ことば・嚥下

  4. お子さんの癖に気づいていますか?

  5. 歯磨きをすれば虫歯にならない?ホント?

  6. 歯をぶつけた!そのとき何が起こっている?