ひどくなった乳歯の虫歯の治療

乳歯の虫歯は突然できる?

乳歯の虫歯は進行が速いので、子どもの口の中に注意を払っていなければ、穴が開いて初めて気づくことになります。時間をかけて大きくなるのなら驚きませんが、乳歯の場合は気がつくとたちまち大きな穴になっています。虫歯が突然進むわけではありません。厳密には虫歯は、歯の表面(エナメル質)からではなく、表面1枚のエナメル質を残してその内側が溶けるのです。噛み合わせの溝にできる虫歯の場合には、溝の深いところで虫歯が進んでいることがあります。ちょうど洞窟のように、入り口は小さくて中の方は大きな空洞になっています。あるとき、天井が落ちるように硬い表面が崩れ落ちて、突然大きな虫歯ができたように見えるのです。

乳歯の虫歯の治療

歯の中の歯髄(神経)がダメージを受けていない場合、乳歯の虫歯はそれほど心配はいりません。歯がしみるうちは神経はひどいダメージを受けてはいないでしょう。ズキズキ痛み始めたら、ちょっとやっかいです。乳歯の虫歯は、大人の虫歯と違って、完全にきれいに修復することをめざすよりも、きれいな大人の歯を育てることに焦点をあてて、無理のない治療をするべきでしょう。痛みのひどくない虫歯であれば、感染した象牙質をていねいに小さな耳かきのような器具で取り除き、ゆっくりとフッ素を放出するセメントで傷口を仮に封鎖する処置をします。

乳歯の虫歯は歯髄の処置を避けたい

乳歯の虫歯は、きれいな大人の歯を育てるためのきっかけにすればいいのです。悪くなった虫歯でも、歯髄の処置はできるだけ避けます。大きな虫歯の穴ができても、からだはその内側ではせっせと歯をつくっていますから、歯髄は簡単には露出しません。歯髄が露出する手前で削るのをやめて、薬で虫歯の進行を抑える方法も普及してきました。もちろん、このような息の長い治療は、かかりつけの歯医者さんでないと安心してできません。歯の表面が崩れて、そのまま進行が止まっている虫歯の穴もあります。この穴は過去の虫歯の痕跡です。こういうケースでは、虫歯の進行を止める薬を塗るだけで、とくに治療の必要はありません。乳歯はとても小さいので精密な治療がとても難しいのです。しかも乳歯は小学生の間に抜けてしまうので、子どもの歯の治療は必要最小限にするのがいいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お子さんの姿勢は大丈夫?

  2. 舌小帯異常には要注意!

  3. 子どもの歯ってどう生える?

  4. 六歳臼歯は、お口の健康の要

  5. 子どもの歯が生え替わる前に知ってほしい

  6. この子、虫歯があるって。