この子、虫歯があるって。

「この子、虫歯があるって。」

子どもが幼稚園の歯科健診でひっかかってしまいました。

「はじめての歯医者だから、面倒だし、気が重いなあ。」
「でも、乳歯で生え変わるから、放っておいてもどうってことないでしょ?」
「しばらく様子みようっと。」

こんなことを考えているお母さん、ちょっと待ってください。

乳歯は軟らかく虫歯が進みやすいうえ、歯の溝は深く、歯の間にも食べかすが挟まりやすいので、放っておくと悪くならないかと心配です。というのも、乳歯の虫歯はじつは永久歯の健康に大いに影響するんです。乳歯はいっぺんに生え変わらず、順番に生え変わっていきますよね。もし、虫歯の乳歯が残っていて、病原菌がウヨウヨいるお口にエナメル質が未成熟で若い永久歯が生えてきたら、もう想像ができますよね。

それから、乳歯の虫歯は永久歯の成長を邪魔することがあります。乳歯のすぐ下では、次に生える永久歯が作られていますが、乳歯の歯根まで虫歯が広がると、永久歯の赤ちゃんにダメージを与えてしまうのです。歯の形が正常に育たなかったり、エナメル質が十分に育たなかったりすることがあります。

また、乳歯は永久歯に生える位置を案内するガイド役も担っています。虫歯が進行し、乳歯の形が崩れていると、永久歯の生える場所がズレてしまうのです。例えば、永久歯の6歳臼歯が生えるとき、隣の乳歯が崩れていると、本来の場所より前に詰めて生えてしまいます。すると、後続の永久歯の場所が足りず、歯並びが悪くなってしまいます。

ですから、はじめての歯医者さんはドキドキでしょうが、一度診てもらったほうが安心です。それもなるべく早いうちがよいでしょう。そのほうが小さな治療ですみますし、ごく小さな虫歯なら、歯科医が定期的に診て、フッ素などを使って進行を止めれば、永久歯に生え変わるまで治療なしで上手くもたせられることもあるんです。

上手にお口の管理をして、小さな治療ですませれば痛くないですし、楽なんだということを幼いころに知ることはとても大事なことだと思います。歯医者さん嫌いになってしまうと、大人になってもつい定期健診や治療が後手にまわって、歯で苦労しやすいのです。「永久歯が生えてから」などと言わず、乳歯のころから予防のための受診をぜひ始めてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯並びの悪さの3つ目の原因は虫歯!

  2. お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

  3. 赤ちゃんは母乳で舌を成長させる

  4. 乳児期のしつけ

  5. 呼吸・ことば・嚥下

  6. 子どもの歯が生え替わる前に知ってほしい