六歳臼歯は、お口の健康の要

お口のなかで、噛む力が最も強く、歯を食いしばるうえで一番重要な歯は、六歳臼歯(第一大臼歯)です。ところが、この第一大臼歯は、一番虫歯になりやすい歯でもあります。第一大臼歯を虫歯にしてしまった子どもは、80~90%にもなります。一番大切な歯が、一番虫歯になりやすい歯なのです。

その理由は、噛み合わせの面が複雑な形をしていること、そして生えるのに長い時間がかかるためです。第一大臼歯が顔を出してからすっかり生え終わるまでには、上顎の歯で11ヵ月、下顎の歯で17ヵ月もかかります。生えたばかりのエナメル質は酸に弱く、噛み合わせの面には、深い溝があります。しかも、この歯は乳歯の奥に生えるので、注意していなければ、本人も気づきません。生えてから良い環境のなかにあれば、硬いエナメル質が育つのですが、その前に虫歯になってしまうのです。

人によっては、噛み合わせ面にある溝の部分がとても弱いことがあります。歯ブラシの毛先も溝のなかまでは届きません。

第一大臼歯は、このように虫歯になりやすい歯ですが、噛み合わせの中心になる歯ですから、この歯を虫歯にすることは入れ歯への第一歩になってしまうといっても過言ではありません。そこで第一大臼歯を虫歯の危険から守るために、いくつかの方法が工夫されています。

複雑な深い溝をシールしてしまうシーラントという処置がそのひとつです。噛む合わせの面が歯肉から出てきたら、フッ素の入ったセメントをすり込みます。1年くらいたってすっかり生えたら、セメントを外して溝の硬さを診査します。溝に十分な硬さがない場合には、溝をプラスチックでシールします。この方法には、プラスチックが部分的に外れて、そこから虫歯になる危険性がありますが、虫歯になりかけの深い溝がある場合には効果的な方法です。

深い溝があっても、エナメル質にある程度の硬さがあって、歯科医院で定期的に管理できるときには、必ずしもシーラントは必要ではありません。定期管理では、歯科衛生士による清掃、フッ化物の塗布を行います。そして、飲食習慣、だ液の性質、ミュータンス菌の量など虫歯のかかりやすさを調べて、可能な方法で全体のリスクを下げる工夫をします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

  2. 呼吸・ことば・嚥下

  3. 永久歯に生えかわる時期の歯の萌出やあごの成長は多種多様

  4. 乳児期のしつけ

  5. 生えたての赤ちゃんの歯に、歯磨きは必要なの?

  6. ホームデンティストだから可能です