一番最後に生える第三大臼歯

大臼歯の一番奥に生えてくる歯、第三大臼歯。智歯または親知らずと呼ばれます。「親知らず」とは、18歳を過ぎて24歳ぐらいまでに生えることが多いので、すでに親元を離れているころで生えたことを親は知らない、という意味だといわれています。

他の臼歯に比べるとぐっと小さく、形は変異に富み、噛み合わせ面のデコボコが少なく、噛み合わせにあまり関与していません。まったく生えない人も増えていますし、生えたとしても位置が違ったり、捻じれていたり、傾いていることが多いのです。生える時期はまちまちで、個人差が大きいです。

今の子どもたちの特徴としては、あごの成長が少なく、逆三角形の顔が多く見られます。これは退行性進化と呼ばれ、食べ物の形や硬さ、種類などにより、あごの成長が変化しているのです。

ファストフードに代表される軟食、噛み応えのある根菜類の摂取不足、少食などの食生活の変化のなか、よく噛んで食べ、あごがカッチリしていた世代とは異なり、第三大臼歯が生える余地がありません。一番最後に生えてくるため、先に生える歯に場所を奪われてしまうのです。

そのため、埋伏といって、あごのなかに埋まっていて、歯が生えてこない状態や、半埋伏といって少しだけ歯が見えていてもまっすぐ生えてこない状態が多く見られます。

第三大臼歯は一番奥にあるため、もともと歯磨きが難しく、汚れの溜まりやすい歯です。虫歯になりやすく、まして半埋伏の場合は、歯茎に汚れの溜まりやすい溝やくぼみができてしまうために、智歯周囲炎が起こりやすいなどの問題が起きやすいのです。第三大臼歯は噛み合わせに関与することが少ないうえ、出っ張ったり、捻じれたり、傾いているために上あごの歯とぶつかって噛み合わせを悪くし、下あごがずれたり、顎関節症を引き起こすことがあります。このようなトラブルが現在起こっていたり、将来予想される場合、抜歯が必要なことがあります。

また第三大臼歯の生えること自体が、第二大臼歯や小臼歯、前歯などの歯を前に押して移動させ、歯並びを悪くすることがあります。矯正をする前に第三大臼歯を抜くことがあるのはこのためです。

痛みがある、腫れている、口を開きにくい、顎関節症のようで気になるなどの症状がありましたら、お早目に歯科医院にご相談ください。

歯を大切にして長く使い続けるには、予防が一番です。かかりつけの歯科医をもって、定期的に受診して、歯の生え変わりなど、年齢ごとに変化していくお口を継続的にチェックしてもらい、ケアのポイントについて指導を受けましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. わが子を虫歯にさせない4つの方法

  2. 六歳臼歯は、お口の健康の要

  3. お子さんの癖に気づいていますか?

  4. お子さんの姿勢は大丈夫?

  5. よい噛み合わせは小児期に作られる

  6. 虫歯にかかりやすい年齢は?