お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

永久歯は、親知らずを除くと、上下合わせて28本が生えます。永久歯が生えそろう時期や順番は、どの歯をとっても乳歯のときと比べると個人差が大きくあります。調査による結果では、生える時期の差がもっとも小さい下あごの前歯(中切歯)でも、早い人と遅い人では30ヶ月(2年6ヶ月)の差があり、もっとも差の大きい男子の上あごの犬歯では、なんと94ヶ月(7年)もの差があったそうです。一般的に女子のほうが男子より生える時期は早く、同じ名前の歯なら下あごのほうが上あごより早く生えます。

永久歯は歯の本数も多いことから、生える順番もいろいろです。多くの場合、第一大臼歯、中切歯、側切歯または側方歯群の生えかた(歯並び)に変化が起きることがその理由とされます。

第一大臼歯-前歯(中切歯)-前歯の隣の歯(側切歯)が生える6歳前後、側方歯群である第一小臼歯-犬歯-第二大臼歯、犬歯-第一小臼歯-第二小臼歯が生える8歳から13歳ごろは、特にあごの骨格の成長・発育も大きく、不正咬合(悪い歯並び)が明らかになってくる時期です。お子さんの健やかな成長をお口の育ちの面から確認するため、かかりつけの歯科医をもって、春休み、夏休み、冬休みの年3回の定期健診で、予防と歯並びのチェックを受けることをおすすめします。

虫歯、歯周病のポイント

まずは、ていねいに磨く習慣をつけることです。また、思春期に入ると部活や塾など、忙しさから磨き残しが増えたり、受験の夜食やだらだら食べる習慣が原因の虫歯や若年性歯周病を発症するお子さんも出てきます。注意するように教えてあげましょう。また、第二大臼歯はゆっくり生えるので、注意が必要です。歯茎の下に見え始めてから上下の第二大臼歯がしっかり噛み合うまでには、ねじるように方向を変えながら5年くらいかかることもあります。その間、痛くても歯の周りをよく磨かないと、汚れが溜まり、生え終わったときはにはすでに初期の虫歯になっていることも少なくありません。注意しましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯並びの悪さの3つ目の原因は虫歯!

  2. 呼吸・ことば・嚥下

  3. キチキチの乳歯にご用心!

  4. 歯並びは側方歯群の生え変わりの順序に影響を受ける⁉

  5. ひどくなった乳歯の虫歯の治療

  6. フッ素入りの歯磨き剤や洗口液も使ってフッ素が過剰にならないの?