永久歯に生えかわる時期の歯の萌出やあごの成長は多種多様

みなさん、こんにちは。「成長」とは長く成るということですから、一般には大きくなるという意味でしょう。しかし肥満を成長とは言いませんよね。そう考えると、成長とはただ単に大きくなることではなくて、好ましい範囲内で大きくなることではないでしょうか。また、出来なかったことが出来るようになるという、大きさだけでなく能力の発達という意味も含まれていますね。歯も同じです。歯が生えることによって、噛んで食べられる能力がつきます。そして、乳歯から永久歯へと大きさやその能力も成長します。しかし、その成長でも好ましい範囲で成長することがいちばんではないでしょうか。今回は永久歯の萌出とあごの成長の深い関係性についてのお話です。

永久歯で初めて生えてくるのは下あごの6歳臼歯、あるいは下あごの前歯です。ただし、永久歯の生えかたは個人差が大きく、どちらが先に生えても心配はありません。永久歯のなかでも前歯は、萌出時期の分布幅が比較的少ない歯です。

先に下あごの真ん中の中切歯、そして1年ほどで隣に側切歯が生えます。前歯の仲間である犬歯はそのつぎに生えることが多いのですが、側方歯群と呼ばれる第一小臼歯、第二小臼歯の萌出順序によっても順番が入れ替わる場合も多いです。

こうした永久歯の萌出とお子さんのあごの成長には、深い関係があります。乳歯の前歯とその隣の歯が永久歯の前歯へと生えかわる6歳前後は、小さな乳歯が大きな永久歯に生えかわったときにきれいに並ぶよう、あごの幅が急速に成長します。そして前歯のところの幅は、永久歯にかわった後も大きく拡大していきます。

その際、上あごの中切歯や側切歯はお口の外側に向かって生え、下あごの前歯はあごの内側に向かって生えて、うまく噛み合うのが本来です。しかしこのころ、下あごが大きく成長し、下の前歯が上の前歯よりも前に出ていたり、下あごが前に出て、上と下の歯が合わさり、受け口が目立ってくることがあります。このころから治療をすると改善しやすいので、矯正歯科へ相談に行くとよいでしょう。

また、お子さんによっては、正中離開といって、前歯の真ん中に隙間のある場合があります。原因としては、上くちびると歯茎をつなげているすじ(上唇小帯)が強直して起きる、あるいはあごの骨のなかに余分な歯ができている、遺伝、側切歯の先天性欠如、乳歯が自然に抜けずいつまでも残っている、口腔習癖、歯の形態異常などが考えられます。学校の歯科健診で指摘を受けたり、保護者の方が気がついたときは歯科医院を受診しましょう。

乳歯が永久歯に生えかわるこの時期の、歯の萌出やあごの成長は、お子さんごとに多種多様で、その分、不正咬合(悪い歯並び)になる要因も多いのです。これから13~14歳まで続く長い生えかわりの期間には、1本1本の歯の萌出だけでなく、お口全体の状態を模型やエックス線写真などにより注意深く観察し、歯の萌出や噛み合わせの推移などを予測しながら見守っていくことが大切になります。

かかりつけの歯科医院を持ち、お子さんの成長をいっしょに見守ってもらい、気になることをその都度相談できると安心ですね。

最後に、この時期の虫歯予防のポイントをお話します。前歯の萌出期間は、6歳臼歯とは異なり、完全に生え終わるまで通常は1年はかかりません。でも、6歳臼歯ほどではないのですが、萌出途中は食べかすが溜まりやすく、デコボコした歯茎が邪魔をして磨きにくいことがあり、虫歯になりやすい時期です。無理して磨くと歯茎を傷つけて、ますます歯磨きがしにくくなることもありますので、毛のやわらかい小ぶりの歯ブラシで、とくに注意深くプラークコントロールをしましょう。

いかがでしたか。お口のなかの成長も好ましい成長と好ましくない成長があります。身体も能力も健全に成長させていくにはコントロールすることも必要です。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 永久歯への生えかわりはスムーズですか?

  2. 呼吸・ことば・嚥下

  3. キチキチの乳歯にご用心!

  4. 歯磨きをすれば虫歯にならない?ホント?

  5. わが子を虫歯にさせない4つの方法

  6. 生えたての赤ちゃんの歯に、歯磨きは必要なの?