子どもの虫歯を理解しよう

こんにちは。これから赤ちゃんを授かるご夫婦の方たちは、赤ちゃんが生まれる日を楽しみに待ってることだと思います。そして赤ちゃんの成長を感じながら育てられていくことでしょう。その赤ちゃんの成長の過程のなかで、初めて歯が生えてくる光景を目にしますが、きっとこの時の感情はうれしいに違いないと思います。そして、この歯がいつまでも健康であることを願い想うことでしょう。その気持ち、忘れないでください。今回は、子どもの虫歯はどのようにしてできるのかという話です。

新生児は、無菌に近い状態で生まれてきます。では、お口のなかの虫歯の原因となる細菌はどこからやってくるのでしょうか。

虫歯の原因となる細菌は、お母さんのお口のなかから、唾液を通してあっという間に子どもにうつってしまいます。そのなかで、虫歯の原因となるのが、歯をすみかとするミュータンス菌です。お母さんのお口のなかにミュータンス菌がたくさんあると、生えたばかりの乳歯はたちまち虫歯になる危険にさらされます。

ミュータンス菌は、歯をすみかとする細菌で、お口のなかに残っている糖を分解して、ネバネバした物質をつくり、歯の表面に薄い膜のように張り付きます。これがプラークであり、強い酸をつくりだします。するとプラークに接する歯の表面も酸性となり、歯を形づくるミネラルが奪われていきます。糖がお口のなかに取り込まれるたびに、この現象が起こり、歯の表面が酸によって溶けていくのです。

ただし、歯は唾液のなかに含まれるミネラルを取り込み、酸によって溶けだした歯の表面を元にもどします。ミネラルが奪われることを「脱灰(だっかい)」、ミネラルが取り戻されることを「再石灰化」といいますが、この二つのバランスが崩れ、歯の表面からミネラルが奪われ続けることによって、虫歯はできるのです。脱灰と再石灰化のバランスは、唾液の量や性質、歯の強さ、飲食の回数などによって左右されます。

ミュータンス菌は歯をすみかとするため、歯が生えないうちは菌がお口のなかに入っても定着しません。1歳半くらいになって上下の前歯と奥歯の一部が生えてくると、ミュータンス菌が定着し始めます。一般的に親のミュータンス菌は、1歳半から3歳くらいまでにうつりやすいといわれています。特に乳歯は酸に弱く、表面のエナメル質やその下の象牙質が永久歯の約半分の厚みしかありません。このため、感染すると虫歯になりやすく、進行も早いのです。

ミュータンス菌が子どもに感染しないように、保護者は同じ箸やスプーンを使って食べたり、キスをしたりするのを避ける必要がありますが、何より大切なことは自分のお口のなかを清潔にしておくことです。子どものお口のなかの細菌のうち、母親が感染源となる割合は40%程度、父親の割合は約20%といわれています。そのほかにも兄弟や祖父母も感染源となります。赤ちゃんの歯を守るには、家族全員のお口のなかを健康にしておくことが重要なのです。

特に出産後の母親は生活が不規則になり、お口のなかの衛生状態が悪くなりがちです。妊娠中に虫歯があれば治療しておくことが、生まれてくる赤ちゃんの虫歯予防につながります。

いかがでしたか。守るということは簡単ではありません。守ってあげる人の努力次第で守りたい人の未来が変わってきます。出産前、出産後のお母さん、そしてお父さんも、歯科医院でお口のなかが健康か診てもらいましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. ホームデンティストだから可能です

  2. 歯並びの悪さの3つ目の原因は虫歯!

  3. 虫歯にかかりやすい年齢は?

  4. 子どもの歯が生え替わる前に知ってほしい

  5. 食育と歯科の深いつながり

  6. 歯並びは側方歯群の生え変わりの順序に影響を受ける⁉