子どもの過剰歯・欠如歯をチェック!

お子さんの歯が乳歯から永久歯に生え代わるころ、外目ではわからない問題が発生していることがあります。永久歯の生え代わりは、うまくいくことが当たり前と思っていませんか?じつは意外に油断ができないのです。親知らずを除いて本来必要な28本の永久歯のほかに余分な歯の芽ができて育った「過剰歯」。逆に永久歯が足りない「先天性欠如歯」。過剰歯は30人に1人ほど、先天性欠如歯は10人に1人ほどの割合で見つかるといわれています。そして間違った方向に生える「迷子の歯」もときどきあるのです。

過剰歯や欠如歯は先天的(生まれつき)なもので、原因は不明ですが、歯が育っていく過程で、永久歯の芽が余分にできたり、できなかったり、途中で育たなくなったりして起きると考えられています。早期に発見できたことによって、歯並びや噛み合わせの問題を改善できるケースもあるので、お子さんが7歳くらいになったら、歯科医院でパノラマレントゲンを撮って調べてもらうといいでしょう。レントゲンを撮ることで、外側から診てもわからないあごの骨のなかで起こってることがわかります。余分な歯ができ、前歯が生えるのを邪魔していないか、あごの骨のなかで永久歯がうまく育っているかなど確認ができます。

もし、お子さんに過剰歯や欠如歯などの先天的な問題が見つかると、ショックを受ける親御さんもおられると思います。こうしたことは誰にでも起こりうる可能性があるのです。かかりつけの歯科医院、もしくは将来のことも考えて矯正歯科で治療が必要かどうかも含めて相談してください。

過剰歯と傾きや位置が異常な歯の治療

過剰歯の問題点は、その余分な歯がスクスクと成長し、永久歯の道筋をさえぎったり、押して傷めてしまうことです。余分な歯なので、生える場所がなく、おかしな場所に顔を出したり、あごの骨のなかに埋まったまま悪さをします。過剰歯は手術して取り除きます。かかりつけの歯科医院で口腔外科を紹介してもらうなどして、周りの大切な永久歯を傷めないように取り除いてもらいましょう。
もうひとつ、大切な永久歯を傷めかねないケースに「位置異常歯」があります。迷子になって、あらぬ方向に傾いたり移動したりして、生える場所を間違えてしまった歯のことをいいます。上あごの犬歯で起こりやすく、硬くて強い犬歯の頭がほかの永久歯の根っこを傷めてグラグラにしてしまう可能性もあるのです。

先天性欠如歯の治療

先ずはあせらず、治療が必要かどうか、経過観察でよいかをかかりつけの歯科医院で診てもらいましょう。乳歯がよい状態で残っているのなら、虫歯を予防して乳歯を大事にもたせ、経過観察し、大人になって乳歯がダメになってからブリッジやインプラントを入れるという方法があります。乳歯が抜け、治療が必要な場合、お子さんの歯やあごはこれから成長するので、成長の変化を阻害するブリッジやインプラントは選択できません。矯正治療で歯を並べたりするなど治療方法は患者さんによって様々あります。欠如歯の治療は、将来のことを考えながら進めてくことが大事ですので、気長にお付き合いください。

上あごの前歯の周りで「前歯がなかなか生えない」「前歯の生え方が変」と不安に感じたら、すぐに歯科医院で診てもらってください。早期発見がとても重要です。パノラマレントゲンで調べてみましょう。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. わが子を虫歯にさせない4つの方法

  2. 歯並びは側方歯群の生え変わりの順序に影響を受ける⁉

  3. お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

  4. 歯磨きをすれば虫歯にならない?ホント?

  5. 子どもの虫歯を理解しよう

  6. 赤ちゃんは母乳で舌を成長させる