赤ちゃんの虫歯予防は妊娠中から

感染の窓をいったん閉じれば、ずっと虫歯菌には悩まされない

お母さんやお父さん(保育に携わる方)が、自分のお口の中の虫歯菌を少なく保つことができれば、赤ちゃんへの虫歯菌の感染は防げるのです。

虫歯菌の感染の危険は赤ちゃんが大きくなるまでずっと続くわけではありません。

生後19~31ヶ月の1年間に、感染が成立すると言われています。

この時期を「感染の窓」と呼ばれていますが、この間だけ、しっかりと窓を閉じておけば、その後はずっとミュータンス菌が感染しにくくなるのです。

逆に、この時期にお母さんのお口の中にたくさんの虫歯菌がいたら、生まれたばかりの赤ちゃんの歯に、ほぼ間違いなく虫歯菌が定着します。

この時期に悪玉菌が定着してしまうと、その子供のお口の中は、悪玉菌が天下をとってしまいます。

そうなってしまうと、その後、いくら歯磨きをしても虫歯菌は簡単にはなくならないということなのです。

妊娠初期に早くも歯ができはじめる

妊娠5~9週の、まだ赤ちゃんが指先ほどの大きさのとき、赤ちゃんのあごの骨のなかで乳歯の卵ができ始めます。

妊娠16週には、もう大人の歯(第一大臼歯)の卵がかたちづくられます。

この時期は、赤ちゃんのからだの主要な部分ができる時期なので、お母さんの健康と栄養が特に大切です。

栄養の不足は、胎児ではなく、まず妊婦のからだにダメージを与えます。

しかし、ビタミンAやDの不足は、胎児の歯やあごの骨の正常な発育を妨げます。

妊娠を知った日からお口のなかの衛生に気を配る

妊娠、出産、授乳とこの時期は、妊娠初期のつわりに始まって、味覚の変化、体調の変化が大きく起こり、食べ物の好みも偏り、食事も不規則になります。

カルシウムは、赤ちゃんに奪われます。

出産は、歯を食いしばらなければなりません。

出産後は、出産による疲労、育児の忙しさと疲れの為に、お母さんのお口のなかの衛生状態は、どうしても悪くなりがちです。

妊娠を知ったその日から、出産に備えて、お口の衛生に気を配るようにしてください。

そして、お母さんだけが大変な目にあわないように、お父さんは必ず協力してあげてください。

これが、赤ちゃんの虫歯予防にとても効果的な第一歩です。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. お口の育ちの確認は不正咬合を明らかにします

  2. 赤ちゃんは母乳で舌を成長させる

  3. 虫歯にかかりやすい年齢は?

  4. 一番最後に生える第三大臼歯

  5. 子どものお口のなかは、成長と健康のショーウィンドウ

  6. 子どもの過剰歯・欠如歯をチェック!