歯並びがデコボコしているけどキレイな歯並びに治せる?

デコボコ歯並びの矯正治療は可能です。

歯がキレイな一列の湾曲を描いて並んでいない状態を乱杭歯(らんぐいば)または、叢生(そうせい)と呼びます。

主な原因として、あごが小さいために歯が並んで収まるスペースが不足することがあげられます。

よくチャームポイントといわれる八重歯も叢生のひとつです。

そもそも日本人のあごは奥行がなく、欧米人に比べると歯が並ぶスペースが不足しがちなのです。

歯がデコボコのまま放っておくと、歯磨きがしにくくなります。

そして虫歯や歯周病になる確率が高くなり、また入れ歯を入れにくいなどの問題も出てきます。

大人はあごの大きさを矯正歯科だけで変えることは難しいので、通常は歯の数を抜歯によって減らし、あごに収まる本数にします。

上あご、下あごのどちらか一方が叢生の場合は、あごの大きさのアンバランスや噛み合わせのズレも考えられます。

一般的に上下のあごにズレのあるような症例では、叢生だけを治せばいい場合とは異なり、より治療に時間がかかることがあります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 「矯正=審美」の考えは遅れている?

  2. 歯列矯正の日

  3. きれいな人は頭蓋骨がきれい

  4. 近頃出っ歯になってきた?

  5. あなたも矯正治療が必要?さあ、今すぐチェック!

  6. 矯正治療のメカニズム