舌の訓練だけで歯並びがよくなることもある?

指しゃぶりを長く続けていると、開咬(かいこう)といって、奥歯を噛んだときに前歯が噛み合わず、上下の前歯の間に隙間ができてしまうことがあります。

0467001016

開咬になると、のみ込むときに舌で前歯を押すといった舌癖(ぜつへき)がついてしまいます。

tongue_down_image

この舌癖が続くと、さらに開咬などの不正咬合(ふせいこうごう)を悪化させてしまいます。

舌癖があると、矯正治療をしても元に戻りやすくなります。

このため、5歳をすぎても指しゃぶりを続けるようなら、やめるように指導し、舌癖を直す「口腔筋機能療法」(MFT)をします。

これは舌の訓練により嚥下(えんげ)だけでなく、咀嚼(そしゃく)、発音、呼吸、無意識のときの舌の位置などの改善を目指す指導法です。

程度にもよりますが、軽い開咬であれば、この訓練だけで治ることもあります。

舌癖があると、ものをのみ込むときに口の周りの口輪筋やオトガイ筋が緊張します。

また、舌癖があると、前歯の隙間に舌が出て、サ行やタ行が舌たらずな発音になります。

保護者が早く気づいてあげることで、舌癖をなくすような指導を矯正歯科で受ければ、不正咬合の予防にもなります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 矯正歯科治療の本当の目的

  2. 家族歴を見ながら治療を考える「反対咬合」

  3. 口呼吸はどんな美人も台無しに

  4. 大人ならではのメリットもある!!

  5. 「指しゃぶり」や「おしゃぶり」で歯並びが悪くなるの?

  6. 矯正治療を考える前に