矯正治療で横顔がきれいに!

人を見分けるとき、私たちが視覚的にもっとも敏感に反応するのは、顔貌です。

顔貌とは「顔のつくり」「顔立ち」「目・口・鼻などの形・配置を含めた顔の様子」のことを意味します。

人間は目鼻立ちの違いにとても敏感で、じつはミリ単位の違いしかないにも関わらず、本能的にそれを大きな違いとして感じてしまいます。

例えば、手の形を見て、人を区別するのは難しいですが、顔でなら、大勢の中から特定のひとりを簡単に見つけ出すことができます。

people-searching

矯正治療をする際には、セファロと呼ばれる頭部全体のエックス線写真を撮影し、患者さんの頭部を数値化して、設計図のようなものを作り、治療計画を立てます。

多くの場合、患者さんの骨格の数値と調和的なそれとの差はミリの違いにすぎません。

しかし、この差が実際には大きな違いに感じられるのです。

では、出っ歯が引っ込むと?

出っ歯が引っ込むと、あごのラインがきれいになり、相対的に鼻もスッキリと高く見えるのです。

orthodonticdentistry_blog_36-1r

口元が前に突き出ていると、口を閉じようとすると、口やあごの周りの筋肉が緊張し、盛り上がって見えます。

しかし、矯正治療によって、オトガイ(下あごの先端)がキュッと出てフェイスラインがシャープになり、スッキリします。

鼻も相対的にスッキリと高くなり、お口の周りの筋肉がリラックスし、ほうれい線の影も薄くなります。(※顔貌の変化には個人差があります。)

自分ではなかなか確認できない横顔、いつ見られているかわからない横顔に、自信を持ちたいですよね。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 受け口を治したい

  2. 家族歴を見ながら治療を考える「反対咬合」

  3. 「矯正=審美」の考えは遅れている?

  4. 舌には大切な役割がある

  5. かくれ開咬にご用心!

  6. 歯並びのデコボコは自然に直る?