虫歯や歯周病を防ぎ、栄養バランスのよい食事を!

炎症を起こさないように
ケアをしっかりと!

矯正治療中のお口は矯正装置を使う分、食べかすやプラーク(歯垢)が付きやすいうえ、掃除もしにくくなります。

プラークをしっかり取り除かないと、虫歯や歯周病の原因になります。

虫歯になった場合、治療をするにはいったん矯正治療を中断せざるを得ないこともあります。

また、歯を移動させる為、歯槽骨に負荷をかけている最中に歯周病が起き、歯槽骨に炎症が及ぶと、普段よりも歯槽骨が壊れやすく、歯を動かすどころかグラグラになってしまうことがあります。

せっかくの矯正治療を水の泡にしないためにも、よりていねいなケアがたいへん重要となります。


何事も健康な身体が基本!

矯正治療は治療が終了するのに数年かかります。

矯正装置を付けると、食べにくいものが増え、栄養バランスが崩れやすくなりがちです。

食べやすいからといって、おかゆなどの炭水化物を多く摂り過ぎても身体によくありません。

数年に渡って栄養が偏ることで、身体の成長や歯の移動に影響があってはいけませんし、体力が落ちて細菌への抵抗力が低下しては、歯周病のリスクが増える可能性もあります。

食材選びや食材の切り方など、少しの工夫で食べやすくすることができますので、栄養バランスのよい食生活を心がけて、矯正治療をスムーズに進めていきましょう。



「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 悪い歯並びの原因

  2. 「指しゃぶり」や「おしゃぶり」で歯並びが悪くなるの?

  3. いつまでも若々しくいるための4つのポイント

  4. 歯並びや噛み合わせの悪い人は酸素不足になりがち?

  5. 舌には大切な役割がある

  6. キレイな歯並びは美と健康の基礎