噛み合わせても隙間ができる

奥歯を噛み合わせて口を閉じても、上下の歯に隙間ができてしまう状態を「開咬」(かいこう)といいます。

0467001016

歯だけでなく、唇も開いたままのこともあります。

1231001003

開咬があると、ものが噛み切れない、発音がはっきりしない、お口の中が乾いて虫歯や歯周病になりやすいといった弊害が表れます。

矯正治療だけで治ることが多いのですが、治療後にあと戻りしやすいので要注意です。

というのも、開咬の多くは、「舌で前歯を押す」「上下の歯の間に舌を入れてしまう」といった「舌癖」(ぜつへき)、舌の癖が原因だからです。

1231001004

舌癖が直らない限り、矯正しても元に戻ってしまいます。

舌癖を直すには「口腔筋機能療法」(こうくうきんきのうりょうほう)= MFT という訓練を受ける必要があります。

1231001007

癖くらい自分で直せると思いがちですが、なかなか難しいものです。

きちんと訓練を受けて、いい状態を維持することが大切となります。

訓練は難しいものではないですが、多少の根気は必要でしょう。

何事にも言えますが、先ずは続けることが大事です。

「MFTってよく知らないけど興味がある」「MFTについていろいろなことを知りたい!」という方は、ご来院の際にぜひお尋ねください。

分かりやすく丁寧に、MFTの魅力と効果をご紹介します。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯並びがデコボコしているけどキレイな歯並びに治せる?

  2. 歯並びは遺伝するの?

  3. キレイな歯並びは美と健康の基礎

  4. 歯並びのデコボコは自然に直る?

  5. 矯正治療を考える前に

  6. 矯正治療のメカニズム