歯並びは遺伝するの?

親兄弟や親類の人たちと顔や体型が似るように、歯並びや噛み合わせも遺伝します。

習癖による不正咬合(ふせいこうごう)は早めに治療することで、比較的簡単に本来の形に戻ります。

しかし、遺伝の場合、例えば下顎が突き出た形がその人本来の形です。

治療をしても、あと戻りしたり、一時的によくなっても成長と伴って再び下顎が出てきたりするので、治療を始める時期については慎重に検討します。

家族の不正咬合は、治療計画を立てる上で不可欠な要素です。

よって、初診時、両親や祖父母の歯並びや噛み合わせについても質問します。

もしも、ご自身の歯並びが「遺伝的なものなので仕方がない」と諦め気味で、矯正治療を躊躇しているのであれば、まずは当院の無料矯正相談をぜひご利用ください。

あなたの希望と目標に届くように出来る限りサポートさせていただきます。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 矯正中(ワイヤー矯正)の食事、どうすればいい?

  2. 口呼吸はどんな美人も台無しに

  3. 出っ歯や歯茎が出ているのは矯正治療で治せる?

  4. かくれ開咬にご用心!

  5. 矯正治療における抜歯について

  6. 乳歯の歯並びは永久歯にも影響する?