歯並びのデコボコは自然に直る?

デコボコの歯並びは叢生(そうせい)といい、日本人の約4割は明らかな叢生があるといわれています。

crowding_image

歯の生えるあごのスペースより歯が大きくて歯がきれいにアーチ状に並ばず、歯の大きさが大きかったり、歯が生えるあごが小さかったりすることが原因です。

crowding_image2

デコボコの程度にもよりますが、あごが成長していくなかで、歯が動いて自然とデコボコが治ることがあります。

噛み合わせが正常であれば、混合歯列期までは経過を観察し、永久歯が生えそろうのを待って本格治療をするのが一般的です。

ただし、上顎は拡大装置によって広げることができるため、少しのデコボコなら、早期治療で治ることもあります。

orthodonticdentistry_blog_20-1

もう一つ早く治療したほうがいいのは、乳歯が虫歯などで通常より早く抜けて、奥歯が前に生えている場合です。

歯並びの進行は様々なケースによって、様々な事態が想定されます。

特に小さいお子さんは定期的に矯正歯科で診て頂くことで、不安は解消できるかと思います。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 矯正をしようと思ったきっかけ

  2. 子供にどう話せばいい?

  3. かくれ開咬にご用心!

  4. 受け口は早めに治療したほうがいいの?

  5. 噛み合わせと姿勢

  6. 舌には大切な役割がある