矯正治療における抜歯について

矯正治療で抜歯をすると聞くと、びっくりする方もいるんではないでしょうか。それは、すべての方にあてはまるわけでなく、あごのスペースが小さく、どうしても歯が並びきらないと判断された場合や口元の突出感が強く、後退させる必要がある場合には抜歯をしてスペースをつくるという方法もとられます。その際に、上下の第一小臼歯を計4本抜歯する場合が多いです。

これまでの矯正治療では抜歯するケースが圧倒的に多かったと思います。あたりまえですが、健康な歯を上下それぞれ2本ずつ、計4本抜くということに抵抗のある方は多いでしょう。できるだけ非抜歯で治療をしたいというのは、歯科医師にしても同じです。ただ、そのためにはいくつかの条件を満たすことが必要になります。

たとえば、あごの骨の大きさと歯の大きさの関係、上あごと下あごの大きさの違いや位置関係、舌の大きさ、そしてあごの関節との調和、容貌の中で調和するかどうかなど、それぞれを考慮しながら抜歯か非抜歯かを判断します。ですから、すべての患者さんに非抜歯治療が可能というわけではなく、抜歯がどうしても必要になるケースもあります。

逆に、非抜歯治療ができるのにも関わらず、すべての患者さんに対して一様に抜歯治療を行うことは医師の怠慢以外のなにものでもないでしょう。というのは、以前はできなかった奥歯の移動なども歯科矯正用アンカースクリューによって可能になるなど、治療法はどんどん進歩しており、抜歯しなければいけなかったケースも抜歯せずに治療ができるようになってきているからです。

また、子どもの矯正の場合は、あごの骨の成長を利用できるので、非抜歯治療ができる可能性が高いといえます。成人の場合は、骨の成長は期待できないので、それだけ制限されてしまうのですが、最初から抜歯と決めつけずに、最後まで非抜歯にこだわり、少しでも可能性があれば努力をおしまない姿勢が必要だと思っています。

また、抜歯した場合、歯を抜いた隙間が目立ってしまうのではと心配されるかもしれませんが、抜いた隙間は仮歯で覆うのでほとんど目立ちません。 

非抜歯治療がキャッチフレーズのように「絶対抜かない」など非抜歯を標榜するクリニックが増えてきましたが、抜くことによって感染症の心配など新たなリスクが増えるだけでなく、患者さんにとって大切な歯なのですから、歯科医師もできるだけ抜きたくないのです。

それでもなお抜歯するという場合は、抜歯することで、抜歯しない場合を上回るメリットが得られると判断するからです。非抜歯=善、抜歯=悪、というように単純に割り切れるものではありません。抜歯が必要な患者さんに対して、患者さんが望むからといって抜歯せずに治療することは決してよい結果を生みません。抜歯か非抜歯かについては、やはり信頼のおける歯科医師の判断をあおぐことがいちばんだと思います。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 「指しゃぶり」や「おしゃぶり」で歯並びが悪くなるの?

  2. 矯正治療を理解しよう

  3. 歯はいつも動いている?

  4. 噛み合わせても隙間ができる

  5. 家族歴を見ながら治療を考える「反対咬合」

  6. 噛み合わせと姿勢