悪い歯並びの原因

噛み合わせの異常や悪い歯並びの原因には、大きく分けて、生まれたときにそなわっている「先天的な要因」と、生まれてからのちにそなわる「後天的な要因」があります。

後天的な要因には、簡単に防ぐことができるものもありますし、避けられないものもあります。

この両者のうち、歯並びに対し、より強く影響を及ぼすのは、両親から受け継いだ遺伝的な因子である、「先天的な要因」です。

たとえば、あごの大きさは、運動や栄養などの成長要因によって変化するのに対して、歯の大きさは成長の影響を受けません。

歯とあごの大きさの間に不調和が生まれる一因は、ここにあると考えられています。

歯の生える時期、骨の発育の仕方などにも、遺伝的な条件が影響しています。

これに哺乳、乳歯の虫歯や乳歯の脱落、指しゃぶり、唇や舌を巻き込んだり突き出したりする癖、口呼吸、噛み癖、噛む力など、後天的な因子が加わります。

その複雑な影響は、成長のなかで互いに影響し合い、歯列と噛み合わせを作り上げます。

幼児期にほとんどの子どもは指を吸いますが、これが永久歯が生え始めても続いていると、上の前歯が前方に突き出し、下の前歯が舌のほうへ傾いてしまいます。

この結果、上の歯列は狭く、ひどい場合は上下の前歯は開いたままになるケースがよくあります。

口呼吸も歯並びや顔面の発育に大きな悪影響があると考えられています。

しかし、悪い歯並びは、多様な原因が相互に影響し合い、成長のなかで現れるものなので、一つの原因によって決定されるものではないのです。

だからこそ、歯科・矯正歯科と共に口腔管理を視覚的に共有することで、悪い歯並びの予防が図れるのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯並びは遺伝するの?

  2. フッ素を使ってケア効率アップ!

  3. 矯正中(ワイヤー矯正)の食事、どうすればいい?

  4. 呼吸の仕方と歯並び

  5. いま一歩踏み出せない

  6. 矯正歯科治療の本当の目的