遺伝的なものと生活習慣から

並びが悪い歯は、見た目で明らかです。「乱杭歯」「出っ歯」「受け口」「すきっぱ」、そして前歯が噛み合わない「開咬」など、さまざまなパターンがあります。

悪い歯並びの原因の一つとして遺伝が挙げられています。しかし、生物遺伝のほかにも、生活習慣を受け継ぐ環境遺伝の要素も大きいことが考えられます。

また、後天的な影響も大きくあります。たとえば、乳歯が虫歯になって、早く抜けてしまうと、永久歯が頭を出すまでの間、隣の歯にスペースを自由に占領されてしまい、永久歯が列から外れて生えてくるということになってしまいます。

ほかには、混合歯列期の咀嚼不足も悪い歯並びになる大きな原因になります。咀嚼運動が十分に行われないと、側頭筋や咬筋などの咀嚼筋群もあごも十分に発達することができないので、あごに生える歯は影響を受けるのです。

genetic and lifestyle habits-3

もう一つの原因は、指しゃぶり、舌の突き出し、うつ伏せ寝、横向き寝、頬杖、口呼吸といった口周辺の癖です。これらの癖が長期続いてしまうと、顎や歯自体も変形してしまいます。これらの癖は混合歯列の成長期だけの問題ではなく、永久歯列にも同じように作用します。

いいかえれば、悪い歯並びの裏側には、悪い習慣が潜んでいるということです。

genetic and lifestyle habits-2


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. キチキチの乳歯にご用心!

  2. 哺乳類or哺乳ビン類?

  3. いま一歩踏み出せない

  4. きれいな人は頭蓋骨がきれい

  5. 子どもの歯並びを悪くしたくない!

  6. 矯正治療で矯正するのは歯並びだけではない?