外から見えない舌側矯正

同じ目的でも手段はいろいろあります。矯正治療もそうです。お口の見た目や健康を目的に、歯並びをきれいにして、噛み合わせをよくする矯正治療という手段。そしてフローチャートのように目的を達成するための手段がさまざま書き込まれていきます。そのフローチャートの工程のなかに矯正治療の方法を選択する判断が出てきます。いわゆる矯正装置の選択です。

歯の表面に装置をつける通常の表側矯正でも、透明なプラスチックやセラミックの白い部品を使えば、装置はそれほど、目立ちません。

それでも、人に分からないように矯正したい・・・・・・そんな人には舌側矯正(裏側矯正)という方法もあります。

装置自体は、表側矯正と同じ金属を用いますが、歯の裏側につけるので、外からはまったく分からないのです。

この方法の一番のメリットは、とにかく装置が見えないということです。一方、装置が裏側につくため、自分では見えないので、装置につく汚れを掃除しにくい、表側矯正より費用が高い、というデメリットがあります。

また、舌側矯正は舌先に触れるので、どうしても発音しづらくなりますが、それは個人差がありますから、アナウンサーなど話すことが仕事の人でも、あきらめる必要はありません。

舌側矯正でも表側矯正でも、治せる歯並び、噛み合わせのタイプはほとんど同じですが、舌側矯正では表側矯正よりも治療期間が長くなるのが普通です。

ただし、上下の歯列全体が前に出っ張っている上下前突と呼ばれるタイプは、表側矯正よりも治療期間が短くなる場合があります。

表側矯正も舌側矯正も目的は同じです。しかし、手段、やり方というのは十人十色。人によって好みや考えが異なって当然です。表側矯正は目立ちますが、「矯正治療をしているのだから、装置が見えてなにが悪い」と考える人は、表側矯正に抵抗がないでしょうが、「見た目が変」「矯正治療をしていることが知られるのが恥ずかしい」と考える人は舌側矯正がいいと判断して当然ですよね。治療を受ける当人がストレスなく目的に向かう手段を選択されることがいいのではないでしょうか。

歯科・矯正歯科アールクリニックの矯正治療は十人十色を考慮した矯正装置をご用意しています。もちろん舌側矯正(裏側矯正)にも対応します。矯正装置に対して悩みのある方はぜひご相談ください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 矯正治療で横顔がきれいに!

  2. 呼吸の仕方と歯並び

  3. 子どもの歯並びを悪くしたくない!

  4. 歯並びの悪さの3つ目の原因は虫歯!

  5. 遺伝的なものと生活習慣から

  6. 50年後も80年後も健康で長生きしてほしいから