矯正治療で矯正するのは歯並びだけではない?

こんにちは。矯正治療は一般的に歯並びをきれいにする治療という認識で治療に臨まれる方が多いと思います。今回はその他にも矯正治療が持つ意味(価値)について知ってみましょう。

人間や動物の多くは、食べ物を歯で噛むことで生命を維持することは、みなさん当然お分かりの事でしょう。よく噛める口を持つ人は、したがって健康でいられるということになります。長生きする人はよく噛める人ですし、歯のなくなったライオンは生きていられないということが証明されているほどです。

食べ物がまだ食べられない赤ちゃんは、お母さんのおっぱいを飲みます。これは単純に栄養だけをとるというわけでなく、舌を巧みに使って、乳首を舌で包み込み、乳首をしごくことで、おっぱいを吸うという運動をし、酸素を体に取り込むために舌の筋肉を鍛えているのです。人間は生まれたときから母乳を吸って飲んで、歯が生えると同時に噛んで飲んでの行為に移っていきます。これによって、生まれてすぐは舌の先のほうの筋肉を作り、成長にしたがって徐々に舌の奥の筋肉を作っていきます。

ここで、大事なのが「だ液」です。知っての通り、だ液には消化酵素が含まれています。若返りのホルモンといわれるパチロンという物質も含んでいます。だ液を必要なだけ出すためには、「きちんとした噛み合わせを持つ歯」と「しっかりとした顎」と「筋肉のある舌」の三本柱が必要なのです。この三本柱のどれか一つでも異常になれば、必要とする量のだ液の分泌が望めなくなってしまいます。また、だ液を飲み込むときは、自然の飲む運動の前後に小さく呼吸の動作がともなって、酸素の取り込みも行われており、体の酸素不足も補っているのです。つまり、矯正治療は、食べ物を噛み、酸素を取り込むという生命維持の手段そのものを矯正するという意味もあるのです。ストレス社会である現代には、いろいろな不定愁訴があります。ストレスと胃はたいへん密接な関係にありますが、たとえ胃が痛むようなストレスにさらされても、だ液が十分に出ていれば乗り越えることができるかもしれないというわけです。

いかかでしたか。観点を変えてみると、いろいろと分かることがありますね。歯科・矯正歯科アールクリニックは、より多くの患者様に矯正治療を受けていただくため、「悪い歯並びの悩み」「費用の悩み」「矯正装置の悩み」「治療期間の悩み」など、矯正治療における全ての悩みを解決できる矯正歯科治療を目指しております。歯並びで悩む方をできるだけなくし、矯正治療を受ける喜びをより多くの人に感じていただける歯科医院になれるように全力で取り組んでいます。皆様のご来院お待ちしております。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 家族歴を見ながら治療を考える「反対咬合」

  2. 歯並びのデコボコは自然に直る?

  3. 口呼吸はどんな美人も台無しに

  4. 遺伝的なものと生活習慣から

  5. 矯正治療を理解しよう

  6. 不正咬合と肩こり