正しい噛み合わせとは?

「咬合(こうごう)」という歯科の専門用語をわかりやすく「噛み合わせ」といいます。

噛み合わせの基本というのは、「あごを静かに噛み込んだときの位置がしっかり安定している」ことです。

そして、そこから無理なくわずかに左右にあごを動かすことができれば、噛み合わせに大きな問題はありません。

では、噛み合わせに問題があるとは、どういう状態なのでしょう。

大袈裟に想像してみると、あごが左右どちらかにひん曲がっている、かなり突き出した出っ歯、すごい下あごがしゃくれている、などは上の歯と下の歯が明らかに噛み合わないだろうなと思うのではないでしょうか。

しかし、具体的には下記のような様々な症状となります。

  • どこで噛んでいいのかわからない
  • 噛む位置が安定しない
  • 歯が全部同時に噛み合わない
  • 奥歯に力が入らない
  • 噛み込むときに歯と歯がぶつかる
  • 耳のそばの関節に違和感を感じる
  • 筋肉が痛い
  • 噛み込んだところからずらすときに歯と歯が不自然にぶつかる

あごは、左右二つの関節をもっており、二つの関節の間に複雑な山と谷のかたちをした硬い歯がズラッと並んで、それが臼と杵のように上下でこすれ合います。

よい噛み合わせの状態をつくる条件というものはあります。

  • どの歯も同時に接触する
  • 同等な力の負担
  • 多数の面で接触する
  • 噛み合う面が連続している
  • 咬合障害のない咬合面
  • 立体的に調和のとれた咬合面

しかし、私たちは生身の人間ですから、歯の状態、あごの状態といった噛み合わせの条件には個人差があります。

つまり万人にとっての正しい身長や正しい足の長さがないように、万人にとっての正しい噛み合い方というのも、じつはないのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. フッ素を使ってケア効率アップ!

  2. 歯並びがデコボコしているけどキレイな歯並びに治せる?

  3. 噛み合わせと姿勢

  4. 乳歯の歯並びは永久歯にも影響する?

  5. きれいな人は頭蓋骨がきれい

  6. 子どもの歯並びを悪くしたくない!