治療の時期は骨の成長や歯の生え方で判断する

成長期の矯正治療は、歯を動かすことを利用して、あごの骨の発育成長を促したり、抑制したりしながら行っていきます。

つまり、歯を使って、顔やあごの成長をコントロールするわけです。

頭やあごの骨の成長を利用する場合には、乳歯が残っているうちに治療を始めます。

しかし、開始が幼ければ幼いだけ、顔やあごの成長予測は困難となります。

また、最後に生える大人の歯(第二大臼歯)が生え終わらないと、治療が終わらないため、早く始めればそれだけ長い時間がかかります。

さらに、不正咬合のタイプによっても違いますが、矯正治療を始める適切な時期は、治療期間や治療費などの問題とあわせて、治療を受ける本人が治療に意欲をもてる年齢になっていることも大切なことなのです。

成長にはそれぞれ個人差があるので、効果的な治療を受けられるかどうかは年齢ではなく、骨の成長や歯の生え方でも判断します。

遺伝的な因子を考慮したうえ、悪い歯並びや噛み合わせの異常を生む様々な要因を診断し、日常の癖や姿勢の改善をアドバイス、子どもの成長発育にもっとも都合のよい時期を判断しながら治療を進めていくことが、矯正治療にはとても大事なことなのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 子どもの歯並びを悪くしたくない!

  2. 噛み合わせても隙間ができる

  3. 歯並びは遺伝するの?

  4. 1日24時間休みなく繰り返す呼吸だからこそ、鼻呼吸で!

  5. 正しい噛み合わせとは?

  6. 歯列矯正の日