矯正治療のメカニズム

歯はあごの骨のなかに植わっているために、簡単には動かないような気がします。

しかし、じつは弱い力を持続的に加えるだけで、歯の位置は簡単に動いてしまうのです。

オーバーに表現すれば、歯は上下の噛み合わせと、舌・口唇・頬の筋力などのバランスのうえで、位置を保っている「浮舟」のようなものです。

矯正治療では、この原理を利用して、歯を移動させます。

同じ理由で噛み癖などのように、日常生活でも弱いけれども長時間持続する力が加えられれば、歯並びや噛み合わせが変化する原因になってしまいます。

例えばですが、絶えずお口を開いたままでいると、出っ歯になる、ということをご存知ですか?

口唇の外から内へ向かう圧力が働かないので、舌に押された歯が外側に傾くのです。

また、噛み合う歯のなくなった歯は、伸びだしてきます。

隣の歯がなくなれば、そちらに傾いてしまいます。

このため歯を抜いてそのままにしていると、石が外れた石組みの橋のように、小さな力が加わるだけで、歯列のアーチが崩れてしまいます。

崩れてしまったアーチは、ちょっとやそっとでは元どおりには回復できません。

また歯並びだけでなく、左右どちらか片方へ噛みしめる癖があると、噛みしめる側の顔が短くなり、顔の左右がアンバランスになるような事態をも招いてしまうのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 矯正をしようと思ったきっかけ

  2. 舌と歯並びには密接な関係がある

  3. きれいな人は頭蓋骨がきれい

  4. 子どもに多い不正咬合は?

  5. 遺伝的なものと生活習慣から

  6. 大人ならではのメリットもある!!