50年後も80年後も健康で長生きしてほしいから

日本人の寿命は世界のトップを争うほどに長くなりましたから、今の子どもたちは人生100年時代を生きることになるのではないでしょうか?

orthodonticdentistry_blog_66_1

しかし、人生は長ければいいというものではありません。

できれば、健康であり、幸せに長い余生を楽しみたいものです。

そのためには、最後の最後まで自分の歯で食べられることが条件のひとつになります。

orthodonticdentistry_blog_66_2

歯の寿命が長い人ほど、健康寿命も長いことはよく知られた話です。

そして、不正咬合がなければ、もっと健康でいられる可能性が膨らみます。

歯並びに問題があると、歯垢がつきやすくなります。

人間のお口の中は、だ液が分泌されることで、自然に歯に付着した汚れを落としています。

しかし、歯並びやあごの形に問題があると、だ液がお口の中で流れていきません。

そのために歯垢がつきやすくなるのです。

また、デコボコする部分に歯ブラシが届きにくいため、歯垢が落ちにくく、虫歯や歯周病になる確率が高くなります。

そんな虫歯や歯周病で歯を失う人が40~50代くらいになると出始めます。

orthodonticdentistry_blog_66_3_1

抜けた歯をそのままにしておくと、左右の歯がそのスペースを埋めようと倒れてきたりして、周囲の歯もどんどんダメになっていきます。

そのため、入れ歯やブリッジ、インプラントという方法でその空間を埋めて、しっかり噛めるように補綴治療を行うのが一般的です。

ところがなかには、どんなに作り直しても入れ歯が合わない人、ブリッジがすぐ壊れてしまう人、インプラントが作れない人がいるのです。

噛み合わせが悪い状態のまま長年噛み続けてきた場合、本来は正しい噛み合わせで噛むと歯の根っこに向けて垂直方向に力がかかるのですが、変な方向に噛み合っていると歯の根に対して斜めの力が加わります。

それが何年も続くうちに歯の軸が傾いてしまい、歯根にダメージが加わって歯を失う時期が早まってしまいます。

さらに抜けた部分にインプラントやブリッジや入れ歯を入れたとしても、もともと傾いているあごの骨に合わせて作るため安定性に欠け、斜め方向の力もかかるので、非常に壊れやすくなってしまうのです。

もっと若いうちに不正咬合を治しておけば防げたことになっているでしょう。

子どもに教育を与えることや財産を残すことも大切ですが、健康な歯でいられるキレイな歯並びをプレゼントすることも大切なのことなのです。

orthodonticdentistry_blog_66_4

私たちの歯は、たかが歯ではありません。

人生の豊かさを左右する貴重な財産であり、生き抜くための大切な武器でもあるのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯並びのデコボコは自然に直る?

  2. 出っ歯や歯茎が出ているのは矯正治療で治せる?

  3. 舌には大切な役割がある

  4. 子どもの歯並びを悪くしたくない!

  5. なぜ歯はU字型に並ぶ?

  6. 子どもに多い不正咬合は?