キチキチの乳歯にご用心!

小さなお子さんの乳歯がキッチリと隙間なく並んでいると、笑顔がかわいくて、顔立ちが良く見えます。

でも、もしお子さんの乳歯が、5歳頃になってもキッチリと詰まっていて、歯と歯の間に隙間ができてこないようでしたら、ちょっと問題があります。

それは、将来、歯並びに問題が起きる可能性がとても高いからです。
信じがたいですよね。

今、歯並びが良いのに何でこの先、歯並びが悪くなるのかと。

安心が不安に変わってしまいます。

乳歯列は、2歳半から3歳くらいで完成し、きれいに並びます。

その後、5歳くらいになると、体の成長とともに顎が大きく育ちます。

すると、乳歯の歯と歯の間に隙間ができてきます。

歯と歯の間に隙間が空いた小学校入学前後の子供たちは、笑顔にさせてくれるような愛嬌がありますよね。

この隙間に対して、「すきっ歯になった」と心配するお母さんもおられると思います。

心配ないですよ。

むしろ5歳前後では、隙間があるほうが正常な状態なのです。

実はこの歯の隙間は、大きな永久歯が生えてきたときに、きれいに並ぶための大切なスペースになります。

顎がしっかりと発育したお子さんには、このスペースがしっかりと確保されます。

ところが、このスペースが確保されないまま永久歯が生え替わる時期に突入するお子さんもいらっしゃいます。

きれいに並んでいた乳歯が抜け、永久歯が生えてきたとたんにお子さんの歯並びが悪くなり、それに気づいたお母さんはびっくりです。

お母さんは慌てて、お子さんを連れて歯科医院に相談しに行くのではないかと思います。

ただ、矯正歯科ではお子さんの成長の経過を拝見していれば、乳歯の時点で「これは将来歯並びに問題が出るな」と予測することは難しいことではありません。

日頃からお口の成長の経過を診させていただいている患者さんについては、早期に問題に気づき、あらかじめそのことをお母さんにお話しすることができます。

歯の生え替わりはお子さんによって個性があり、早い遅いはまちまちです。

生え替わりが早く進むお子さんもいれば、じっくりゆっくりと進むお子さんもいます。

永久歯への生え替わりがゆっくりだとご心配かもしれませんが、実はゆっくりと生え替わっていくお子さんのほうが、顎の成長する時間が長く確保でき、よい歯並びのためには有利となります。

ただし、歯胚(歯の赤ちゃん)がもともとなく、歯が生えてこないというケースもありますので、実際にはパノラマエックス線写真を撮って、顎の骨のなかで進んでいる永久歯の育ち具合を確認しながら、お子さんのお口の成長の経過を見守り、将来の歯並びについて診断をしていきます。


もし、今はまだ永久歯の前歯が生えた段階で、側方の歯の生え替わり前であれば、歯に接着する装置を使わなくても、きれいな歯並びにすることが可能な時期となります。矯正治療は早期発見、早期対応によって非常に高いメリットが得られます。「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 舌小帯異常には要注意!

  2. 子どもの歯ってどう生える?

  3. 乳児期にこそ大切な舌の運動

  4. 子どもの過剰歯・欠如歯をチェック!

  5. 呼吸・ことば・嚥下

  6. 子どもの虫歯を理解しよう