きれいな人は頭蓋骨がきれい

美人とは美形。

美形とは美しい顔立ち。

顔立ちとは顔全体の形、顔のつくりを意味します。

私たちの顔立ちを決定づけているのは、皮膚でも筋肉でもなく、骨格です。

美人が美しいのは、頭蓋骨が美しいということなのです。

頭蓋骨は、一番上の丸い脳頭蓋、真ん中の上顎、一番下の下顎、と3層構造になっています。

orthodonticdentistry_blog_43_1

美しい人の骨格は、この3層の大きさのバランスが大変よいことで、スッキリとしたフェイスラインをつくりあげているのです。

なぜ、上記の話を出したかと言いますと「矯正治療とはただ歯を並べるだけの治療ではない」ということを知っていただきたいからです。

矯正治療とは、脳頭蓋を基準にして、上顎、下顎の歯や歯槽骨を含めた骨格に迫り、よりバランスの取れた噛み合わせへと導く治療なのです。(※歯車が噛み合わないと言いますが、「しっくりしない」「機能しない」「うまく行かない」という意味であり、歯も同じように噛み合わせが悪いと良い結果にはつながりません。)

子供の早期による矯正治療は、成長発育の全速力が始まる以前から、より良い骨格へと育つように導く治療です。

例えば、下顎が小さく、上顎の目立つ出っ歯であれば、下顎がもっと育つように導き調和させます。

噛む筋肉や顎関節の機能がまだ完成されていないうちに、骨格のバランスを改善しておくと、15~16歳で完成を迎える頃には、骨格と調和したきれいな歯並びと噛み合わせが手に入れやすくなります。

ただし、成長発育における矯正治療のチケットを使うチャンスは、誰もが平等に人生で一度しかありません。

一方、大人の場合は、顎本体は完成しているので、成長発育の勢いを使って、顎の大きさごと導けるような優位性はありません。

しかし、歯を動かすことで、歯槽骨(歯を支えている骨)の形を変え、上顎と下顎のバランスをより調和させて見せることは可能です。

出っ歯の方なら、前歯を引っ込めて、上顎を小さく見せることで、下顎とのバランスを調和させることができます。

こうして、よりバランスの取れた美人の頭蓋骨に近づけることができるのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯並びがデコボコしているけどキレイな歯並びに治せる?

  2. 治療の時期は骨の成長や歯の生え方で判断する

  3. お子さんの姿勢は大丈夫?

  4. 大人になっても自分が理想とする口もとに憧れを

  5. 舌の訓練だけで歯並びがよくなることもある?

  6. 正しい噛み合わせとは?