なぜ歯はU字型に並ぶ?

歯は押されることによって、ジワジワと移動することを知っていますか?

でも、歯は硬い骨にガッチリと埋まっています。

なぜ、動くことができるのでしょうか?

大きな地震があると、周りをコンクリートで固めてある電柱が傾いたり、倒れたりすることがあります。

このときコンクリートは崩れてボロボロになってしまいます。

orthodonticdentistry_blog_41_3

でも、歯が動くとき、周りの骨は崩れたりしません。

これには、歯根膜(しこんまく)が大きな役割を果たしています。

歯に一定の力が加わって、骨を押し続けると、骨はジワジワと減ります。

減ると、隙間ができ、押された歯がそこへ移動します。

移動した方向の反対側にできた隙間には、新しい骨がつくられます。

こうして、歯は周りの組織を崩すことなく移動することができるのです。

骨を減らす仕事は破骨細胞(はこつさいぼう)、増やす仕事は骨芽細胞(こつがさいぼう)が担当です。

orthodonticdentistry_blog_41_1

どちらも歯根膜のなかにいてふだんは休んでいますが、歯に力が加わると活発に働きはじめます。

ところで、歯は口のなかで規則正しくU字型に並んでいますが、なぜか知っていますか?

歯はいつも、外側から「くちびる」と「ほお」に押され、内側からは「舌」に押されています。

この2つの力がちょうどつり合う居心地のいい場所に歯は動き、整列しているのです。

orthodonticdentistry_blog_41_2


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 矯正治療で矯正するのは歯並びだけではない?

  2. 矯正治療のメカニズム

  3. 歯並びや噛み合わせの悪い人は酸素不足になりがち?

  4. 舌と歯並びには密接な関係がある

  5. 矯正装置がついたときの歯磨きはどうする?

  6. 舌の訓練だけで歯並びがよくなることもある?