矯正中(ワイヤー矯正)の食事、どうすればいい?

矯正装置は大きく分けると固定式のワイヤー矯正と取り外し式のマウスピース矯正がありますが、治療方法がワイヤー矯正の選択となったとき、固定式の矯正装置がつくことで、毎日の食事のことで悩みそうではないですか?

やわらかくて食べやすそうなものが食べづらかったり、装置に引っかかりやすかったりするのではないかと・・・

なにを食べればよいのかお困りのかたもいらっしゃると思います。

装置をつけはじめたときの食事のやわらかさの目安としては、離乳食の中期・後期、噛むのに苦労するときは、舌と上顎でつぶして食べれるくらいのやわらかさがよいでしょう。

おすすめの食材としては、カボチャやさつまいも、じゃがいもなど蒸してすりつぶすことができるものです。

サラダにしてもよいですし、時間がないときは、イモ類を電子レンジでチンしてつぶし、牛乳と顆粒ダシでスープのようにしてもよいです。

カブや大根、にんじんなどやわらかく煮ることができる野菜を使った煮物も食べやすいでしょう。

しかし、このような食べやすい、食べにくいものの感じ方は個人差があります。

実際には食べながら、個々に判断していくしかありません。

装置がつきはじめたころは今までのようには食べれませんが、装置に慣れてくれば、次第に食べられるようになってきます。

食べにくいものは様々ありますが、食べてはいけないものは多くありません。

身体の健康のために、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。


粘着力のある食品はNG!

キャラメルやソフトキャンディ、チューイングキャンディのようなくっつくものは、矯正中は食べないようにしましょう。

粘着性の塊が、最初にひと噛みしたときにブラケットにくっついて、装置が外れてしまうことがあります。

また、歯にくっつくと汚れが取りにくく、虫歯の原因となってしまうこともあります。

また、カレーやキムチなど色の濃い食べ物は、ワイヤーを固定しているゴムやゴムかけのゴムに色がついてしまいますので、着色が気になるかたは避けましょう。

orthodonticdentistry_blog_40_1

「かたさ」と「大きさ」に
要注意!

おせんべいやベーグル、カクテキなどのかたくてかじる必要のあるものは、装置のつけはじめの時期にはおすすめできません。

慣れないうちに、これまでと同じようにかたいものを強く噛むと、装置が外れてしまうことがあります。

装置に慣れてきたら、主治医と相談のうえ、ひと口分の大きさを小さくして、少しずつトライしていきましょう。

逆に、うどんなどの麺類は短く切ってしまうと、かえって装置のあいだにはさまりやすくなるので、はじめは自分の口のなかで噛み切って小さくするほうが食べやすいでしょう。

歯が噛み合う面(咬合面)からはみ出ない程度の大きさで食べることに慣れたら、たいていのものは食べられるようになります。

それまでは「かたさ」と「大きさ」に注意して食事をしましょう。

orthodonticdentistry_blog_40_2

装置が外れたら
すぐに相談を!

食事中などに万が一、装置が外れた場合は、なるべく食事は避け、すぐに主治医に連絡し、適切な処置をしてもらいましょう。

矯正治療が終わると、最終的に外すブラケットは、適度な強度で装着されているので、予期せぬ力がかかると外れてしまうことがあります。

自分で無理に直そうとしたり、取ろうとしてお口を傷つけてしまっては大変です。

痛みが無くても、治療全体に影響することがあるので、すぐに主治医に相談し、指示を受けてください。

orthodonticdentistry_blog_40_3

レトルト食品の活用も
おすすめ!

ミネストローネやクリームシチュー、具だくさんの野菜スープなど、レトルト食品も便利です。

比較的やわらかい具材が入っていますので、温めたあとにスプーンやフォークでつぶして食べることができます。

スープ系はそのまま食べてもよいですし、やわらかいご飯と混ぜてリゾットにしてもよいでしょう。

手早く用意できるので、お忙しいかたにもおすすめです。

様々な食品メーカーから、やわらかい食品が出ていて、味もおいしく、種類も豊富です。

orthodonticdentistry_blog_40_4

「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 口呼吸はどんな美人も台無しに

  2. 舌と歯並びには密接な関係がある

  3. 矯正治療は早く始めるほどいいの?

  4. 舌の悪い癖は健康を阻害する

  5. 矯正治療のメカニズム

  6. 正しい噛み合わせとは?