しみる症状の原因は?

「知覚過敏」というと、「たんに歯がしみるだけ。放っておいても大丈夫」というイメージがありますよね。ところがこのしみる症状、虫歯の痛みの初期症状にそっくりなうえ、歯が欠けたり、削れたり、すっぱいものの過剰摂取で酸蝕症になったりして歯が壊れてきているときにも起きる症状なので、油断大敵なのです。気が付かないうちに歯が傷んでいることもあるので、一度歯科医院で診てもらいましょう。

この「しみる」症状は、おもに歯の表面を硬く覆っているエナメル質を失うことが原因で起きています。エナメル質は失われると、象牙質がむき出しになります。象牙質にはポツポツとパイプ状の穴が開いているので、ここから神経のほうへと外部からの刺激が伝わってしまうのです。冷たい、熱い、甘いなどの刺激が穴の中の水に伝わり、その水の動きが神経とつながっている象牙質の細胞や神経を刺激して、「キーン」という痛みになると考えられています。ただし、象牙質がむき出しになっていてもしみないかたもいます。これは、象牙質の表面にスメア層という層ができたり、唾液の成分などが結晶化(再石灰化)し沈着したり、歯の成分でパイプ状の穴が細くなったりふさがったりするからなのです。

知らずに続けている生活習慣や癖がエナメル質を削り、スメア層を失わせて、つらい症状が出ているのかもしれません。思いあたることがないか確認してみましょう。

歯ぎしり・食いしばりしていませんか?

過剰な力は歯のヒビ、欠け、咬耗、詰め物や被せ物の傷みの原因に。自分では気づけない癖なので、お口にその痕跡がないか歯科医院で診てもらいましょう。就寝中につけるマウスガードもおすすめです。

ゴシゴシ磨きはやめましょう!

ゴシゴシ強く磨きすぎて、歯を摩耗させたり、歯茎を痩せさせていませんか?「どの程度の力で磨くとよいのかな?」と思われるかたは、歯科医院で歯磨きの指導を受けましょう。

歯磨き不足も大きなリスク!

じつは「歯磨き不足」も知覚過敏のリスクに。歯にべったりつく歯垢の中に虫歯菌の出した酸が溜まり、スメア層や再石灰化層を溶かしてしまうのです。やさしく丁寧に歯磨きしましょう。

すっぱい物の摂りすぎにご注意を!

健康のために積極的に柑橘類を食べ、酢や酢の物を摂るかたが増えています。酸味はからだにはよくても歯には悪いことも多いので、ご自分に合った食べ方を歯科医院で相談してみましょう。

熱中症予防になにを飲んでいますか?

厚い季節の熱中症予防に毎日イオン飲料を飲んでいるかたが多いと思います。イオン飲料は意外と酸性度が高く、チビチビ飲むたび歯が溶けます。ふだんはなるべく水やお茶にしましょう。

水泳やジムではいつもスポーツ飲料?

スポーツ時はこまめな水分補給を。しかしスポーツ飲料やビタミン飲料ばかりチビチビ飲むと歯が溶けやすく、そうした歯を食いしばったりゴシゴシ磨きをすると歯がすり減りやすいです。

ヤニ取り歯磨きを使ってませんか?

ヤニ取り歯磨きは研磨力が強く、ステイン除去機能の高い歯磨き剤も、研磨剤がたくさん入っているものがあるので避けたほうが無難。歯磨き剤選びに迷ったら、歯科医院で相談しましょう。

口の中がパサついてませんか?

持病の薬を飲んでいるかたに多いお口のパサつき。薬の副作用で唾液の分泌が減ると、歯の再石灰化やスメア層の形成がスムーズに進みません。また、体調が悪いときも知覚過敏になりやすいです。

まずは生活の中に隠れている知覚過敏のリスクを見つけてスメア層や再石灰化層を取り戻すことを始めましょう。軽い知覚過敏なら、習慣や癖を改善したり、必要な対策を打つだけで自然に治る場合も多いです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 親知らずの抜歯がたいへんなのはなぜ?

  2. ほほの内側を噛んでしまうのは、なぜ?

  3. 治療を途中でやめても再チャレンジ!

  4. まずはいちばん気になるところから

  5. 疲れたとき、歯が浮くのはなぜ?

  6. 歯の着色、どうやって起こって、どうやって落とす?