唾液のはたらき

私たちのお口の中で、唾液はどんなことをしてくれているのか知っていますか?まさに獅子奮迅、八面六臂という言葉が当てはまるような大活躍なんです。唾液はとっても働き者で、お口の健康を守るために24時間365日、活動しています。さらに最近では全身の健康維持にも重要なことがわかってきました。唾液のお口へのはたらき、からだ全体へのはたらきをお伝えします。

お口を清潔に保つ

唾液には、食べかすや細菌を洗い流して、お口を清潔に保つ自浄作用があります。唾液が減り、口の中が汚れやすくなると細菌が繁殖しやすくなります。すると細菌の塊であるプラークが増えていき、虫歯や歯周病といったお口の病気になりやすくなってしまいます。

お口の粘膜を守る

唾液のネバネバ成分であるムチンは、潤滑油として粘膜を保護する作用があります。唾液が減るとお口の粘膜の潤いが足らず、傷ついて口内炎などになりやすくなります。また、唾液中の成長因子も粘膜を保護し修復します。

食道の粘膜を保護する

お口の粘膜を保護するムチンは、同じように食道の粘膜も保護します。唾液が少なくなると粘膜が傷つきやすくなり、食道炎になることも。また、食道と胃の境目の弁を保護することで、逆流性食道炎の予防にもなっていると考えられています。

お口の中を中性に戻す

お口の中はもともと中性のpHですが、飲食をすると、お口の細菌の出す酸や飲食物の酸により、pHが酸性に傾き、歯の成分が唾液中に溶け出していきます(脱灰)。唾液中の重炭酸イオンは、お口の中のpHを中性に戻す作用があります。

歯を修正する

唾液中に溶け出した歯の成分(リン酸やカルシウム)は、時間をかけて唾液から歯に戻り、歯が補修されていきます(再石灰化)。また、唾液中の糖タンパクは、歯の表面を保護する膜をつくります。

細菌感染から守る

お口の中にはおびただしい量の細菌が存在し、口は感染の入り口ともいえます。唾液の自浄作用と、lgA(免疫グロブリンA)、リゾチーム、ラクトフェリンなどによる抗菌作用で、虫歯菌や歯周病菌などの細菌の活動が抑制されます。

感染症を予防する

唾液に含まれる抗菌物質lgAは、細菌やウイルスがからだに侵入するのを防ぐはたらきをします。唾液中にlgAが多いと、風邪やインフルエンザなどの呼吸器系疾患にかかりづらくなることがわかっています。肺炎や高齢のかたに多い誤嚥性肺炎の予防にも、唾液中のlgAの量が影響します。

食べ物をまとめる

細かく噛み砕かれた食べ物を湿らせて食塊にまとめることで、飲み込みやすくします。また、食べ物が粘膜にくっつくのを防ぎます。

胃の粘膜を保護する

成長因子のEGFは、粘膜の保護や修復、胃酸の抑制に関与すると考えられています。

消化を助ける

唾液中のアミラーゼという消化酵素がデンプンを分解し、食べ物の消化を助け、胃や腸の負担を軽減します。アミラーゼはすい臓からも分泌されます。

味を感じさせる

食べ物の成分が唾液に溶けることで、味を感じやすくなります。唾液が足りないと味が変わって感じられ、おいしく食べられません。

唾液についてはまだまだ未知の領域も多く、ここで紹介した以外にも、お口やからだにいい成分が含まれている可能性が大いにあります。まさに神秘の水ですね。ぜひ皆さんのお口とからだの健康維持にお役立てください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 虫歯予防デー

  2. 知っておきたい抜歯の「まえ」と「あと」

  3. 噛み方に癖はある?

  4. 親知らずの抜歯がたいへんなのはなぜ?

  5. 予防で治療を長持ちさせましょう!

  6. 今からはじめても遅くないですよ!