みんなから嫌われる抜歯は治らない病巣を除去する最終手段

みんなから嫌われる抜歯。多くの歯科医師は、「怖くなく、痛くなく、手際よく、腫れないように、安全に」と心がけ、常に努力しておられることと思います。

しかし、残念なことに、抜歯に対する世間の風は冷たく、なんたることか、抜歯を受けたあとには「歯医者に歯を抜かれた」とおっしゃるというではないですか。なので「抜いてもらった」と表現する人はなかなかいないかもしれません。それだけ抜歯は嫌われものなんです。

抜歯は悪い治療の代表のように言われ、かわいそうな医療行為ですが、明確な医療上の必要があって行われているんです。抜歯は、治療してもぶり返す炎症の火種を根本から除去するための最終手段であり、患者さんのお口やからだを炎症の被害から守る、重要な外科処置なんです。

歯を残すことはとてもだいじなことですが、治療してもなかなか治らない慢性の炎症を歯の根っこの先に抱えていると、歯槽骨炎、顎骨炎などの歯性感染症の原因になってしまいます。また、治療が困難な歯周病の歯に炎症が繰り返し起こると、歯を支える骨が溶けて減り、いざ入れ歯やインプラントを入れようとなったとき、治療の条件が悪くなってしまいます。

患者さんのお気持ちとしては、抜歯の必要性に納得できていても、その歯とサヨナラするには悲しいに違いありません。まだたいして痛くもないのに、将来のためにと抜歯を行い、抜歯前より抜歯後のほうが(一時的にですが)痛かったら、「抜かれた」と言いたくなるかもしれませんね。

だからこそ、抜歯が避けられないケースに出合ったときには、私たちは丁寧に分かりやすく説明をして、少しでも患者さんの不安を取り除きたいと思っています。また、安全に抜歯するためには服薬中の持病のお薬について事前に教えていただくなど、患者さんのご協力が欠かせません。

抜歯の診断を受け、説明を聞いても「他に手立てはないのかな?」と迷っているなら、セカンドオピニオンを受けましょう。かなり進んだ歯周病の歯を再生療法で残したり、従来なら抜歯になる割れた歯を、接着材でつけて残すなどの治療もできるかもしれません。治療のリスクにも納得したうえで選ぶならば、チャレンジする意味はあると思います。

必要な抜歯は適切に受け、からだを守っていきましょう。深刻なトラブルが起きないように、予防のため普段から歯科受診するのもお忘れなく。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯科には健やかな老後を支える役目もあります。

  2. 口もとの美しさは健康な機能から生まれます!

  3. 親知らずってなぜ抜くの?

  4. 消化は口から始まっている

  5. 口で呼吸する習慣

  6. 歯を失ってしまったら!?-ブリッジ篇