知っておきたい抜歯の「まえ」と「あと」

現在の歯科は、よほどの理由がなければ歯を抜きません。歯を救う方法はないかと検討したり、治療をしてみたりして、それでもやはり「炎症が止まらない」「周りの健康な歯まで悪くしてしまう」という場合は歯を抜いています。たとえば、手遅れになった虫歯や歯周病。歯が割れてしまったとか、矯正治療で歯が並びきらないとき。また、隣の歯を傷めている親知らずなど、抜歯には明確な理由があります。とはいえ、いくら理由があるといっても、抜歯は誰にとってもつらいもの。そういうとき、知らないことだらけでは不安だし、覚悟もできませんよね。歯を抜く緊張を少しでも和らげるためにも、抜歯の「まえ」と「あと」のことをぜひ知っておいてください。

抜歯が必要なのはいったいどんなとき?

抜歯するのは、歯科医師にとっても気が重いもの。それでもあえてご提案するのは、「抜くことによって患者さんを守る」という明確な目的があるからなんです。

  • 理由その1「虫歯や歯周病で治療するには手遅れ」歯の中にたまった膿が周りの骨にもおよび、根っこを掃除したり手術をしても救えない重篤な虫歯。歯を支える骨が修復不可能なほど壊れている重篤な歯周病になった歯。
  • 理由その2「隣の歯や周りの骨に悪影響がある」その歯を残すと、周りの歯や骨に悪影響があるとき。横向きに隣の歯を押す親知らずや大きく縦に割れた歯などは、そのままにしておくと被害が周囲に拡大してしまいます。
  • 理由その3「炎症の根本原因を除去するために」虫歯や歯周病の炎症が原因で、口やあごの骨、さらには全身に影響がおよぶとき。治療しても繰り返し腫れる場合などに、炎症の原因を取り去るための最終手段として行います。
  • 理由その4「矯正や入れ歯などの治療のために」矯正、入れ歯や被せ物、インプラントなど、ご希望の治療の結果がより安定し、よい状態が長くもつように戦略的に行います。慎重に治療計画を検討したうえで選択します。
  • 理由その5「粘膜を傷つけないために」噛んで食べようとすると粘膜にあたり、痛くて噛めないようなときや、粘膜にできた悪性腫瘍とこすれて刺激してしまうような場合、抜いてケガや刺激の繰り返しを防止します。

抜歯したところってどんなふうに治るの?

抜歯は小さくとも外科手術です。たかが歯だなんて油断せず、しばらくはそっと大事にしてください。粘膜のふたができれば一安心。その後骨が増え、半年ほどで穴が埋まってきます。

  • [当日]抜歯すると骨がむき出しに。骨からはジワジワ血がしみ出します。
  • [翌日]血がたまってお餅のようにかたまり、かさぶたの役目をします。
  • [1週間]薄い粘膜とコラーゲンができ、下から骨が戻りはじめます。
  • [1ヶ月]粘膜が厚くなり、骨が増えて穴がふさがってきます。
  • [6ヵ月]抜歯前と少し形は変わるものの、硬いあごの骨に戻ります。

抜歯のまえにチェックすることは?

「服用中の持病の薬の申告」など、切実なお願いがあります。患者さんのお口とからだを守るためなので、ぜひご協力ください。

  • 「血液サラサラの薬を飲んでませんか?」狭心症や脳梗塞などの治療で血液サラサラの薬を飲んでいる方には、血が止まりにくいので事前に必ず申し出てください。止血パックを使い縫合するなど、ガイドラインに沿った方法でよりしっかり止血を行います。自己判断で薬の服用を休むのは危険ですので、くれぐれも服用を止めないようにお願いします。
  • 「骨粗鬆症の薬にもご用心!」中高年の女性に多い骨粗鬆症。この薬は、抜歯したとき、あごの骨が壊死する副作用がごくまれに出ます。一度生じてしまうと痛くてつらく、治すのも困難なので、服用している方は事前に必ず申し出てください。場合によっては休薬をお願いすることもあります。壊死を防ぐためにいちばん大事なのは、お口の清潔だといわれています。
  • 「歯科が怖い方、教えてください!」歯科への恐怖心が強いと、気が遠くなったり卒倒してしまうことがあります。なかには、麻酔注射の段階で気分が悪くなってしまう方も。現在は点滴で鎮静薬を注入する静脈鎮静法を行っている歯科医院も増えています。
  • 「発熱や二日酔いはダメです!」抜歯ごときとつい考えがちですが、実際には骨がむき出しになる小外科です。見えない場所だから気にならないだけで、もし指の先に骨が見えたら大騒ぎでしょう。とくに親知らずの抜歯では骨を削る必要もあり、体調はキズの回復にとても大事です。からだの調子を整えてのぞみましょう。
  • 「予約日の取りかたにご注意を!」抜歯後に腫れや痛みが心配になったとき、次の日が休診日で、歯科医師に電話がつながらなかったら不安がつのってしまいます。抜歯の予約は医院の休診日の前日は避け、できれば週のあたまの午前に入れるのがおすすめです。また女性の方は、生理日は出血しやすい傾向があるので避けましょう。
  • 「歯科の薬は忘れずに飲んで!」抜歯は炎症が引いてから行うのがベスト。なぜなら抜いたあとの痛みや出血を少なくできるからです。実際は炎症の原因除去を目的に抜く場合が多いので、理想通りにいかないこともありますが、事前に歯科から処方されている抗炎症剤などの薬は忘れずに飲んで、できるだけ抜歯前に炎症をおさえましょう。

抜歯のあとはこんなことに気をつけて!

帰宅後に痛みや出血、腫れなどで心配になったときは、歯科医院に電話で相談し、指示をあおぎましょう。

  • 「鎮痛剤は痛くなる前に!」痛みが強くなると、痛み止めは効きにくいもの。「痛くなりそうかな」と思ったら、我慢せず早めに痛み止めを飲みましょう。
  • 「ガーゼは30分ちゃんと噛もう!」傷口をおさえ止血するため、ガーゼを「30分間」しっかり噛みましょう。血が止まったと自己判断し、半端に止めると再出血のもとです。
  • 「ブクブクうがいはNGです!」傷口を守る血餅をうがいや舌でさわって失うと、骨が露出し、ひどい痛みの原因に。口をすすぎたいときは、水をそっとふくむ程度で。
  • 「食事はトロトロのものを!」ご飯粒が抜いた穴に入ってはやっかい。トロトロのおかゆやポタージュ、総合栄養食のゼリー(皿に出して食べる)で乗り切りましょう。
  • 「運動、入浴、飲酒はお休み!」血行がよくなると当然ながら出血しやすくなります。運動、飲酒は2~3日我慢し、お風呂はシャワーにしましょう。
  • 「当日は歯磨きもお休みで!」抜歯した日の歯磨きはお休みし、次の日から抜歯したところを慎重によけながら、やわらかい歯ブラシを使ってはじめましょう。
  • 「冷やしすぎは禁物です!」氷やアイスバックで冷やしすぎると、血行が悪くなり、傷の治りを妨げます。頬にあてるのは氷水をしぼったタオル程度に。

「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. まずはいちばん気になるところから

  2. 疲れたとき、歯が浮くのはなぜ?

  3. 歯の噛み合わせとアンチエイジングの関係

  4. 電動歯ブラシのありがちミステイク

  5. 歯は「唾液」の海で生きている

  6. 知覚過敏症とはどんな症状?