病気を減らすお口の環境づくりをはじめませんか?

自分のお口の中はもうすでに詰め物や被せ物だらけで、今さら予防をしても無駄ではないかと思っていらっしゃるかたはいませんか?とんでもありません!詰め物や被せ物の多いお口こそ、予防をして歯をしっかり守れば、治療のやり直しも減りますし、歯周病のコントロールもできて歯の寿命を延ばすことができます。

もしも、脳梗塞で血管が切れた場合、血管だけつないで患者さんを返すお医者さんはどこにもいません。血管が傷んだ原因を減らすため、薬を飲み、食事を改善して血圧を下げ、適度な運動をするようにと必ず指導をされるはずです。そのままの状態では再発してしまいますので。

お口の中の病気も同じなんです。いくら治療が終わったとしても、原因を減らしていかなければ再度同じことが起きてしまうのです。しかも、虫歯や歯周病は人工物で補う方法はあっても、基本的には風邪や腹痛のようには元通りに治りません。だからこそ、専門家が患者さんといっしょに歯を守るメンテナンスという歯科独自の方法が必要なのです。

歯科を受診したら、自分のお口で何が起きているのか説明を受けるために、口腔内写真やエックス線写真を撮ってもらい、客観的な資料をもとに説明を受けると、どこがどう悪く、何が問題なのかがわかります。また、病気の原因を探すには、お口の診察の他にも生活習慣の問診、そしてお口の状態によっては唾液検査(自費診療)の結果も重要な資料となります。機会があったら検査を受けてみてください。

痛くなったら行く歯科医院から、お口の健康管理のために行く歯科医院へ。歯医者さんとの新しいお付き合いをはじめてみませんか?

こんなストレスを抱えているかたは定期的なメンテナンスをおすすめします!

  • 歯科に行くと、痛い歯以外にも悪いところが見つかる。
  • 毎日歯磨きするのに虫歯や歯周病になる。
  • 詰め物の下に虫歯が入り込んだことがある。
  • 治すたびに治療が大きくなって将来が不安。
  • 歯磨きをすると歯茎から血が出る。
  • 以前より歯にものが詰まるようになった。
  • 若い頃より歯が長くなった気がする。
  • 口臭が気になる。

「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯は「唾液」の海で生きている

  2. 唾液の正体って知っていますか?

  3. 口紅が歯についたら老化のしるし?

  4. 消化は口から始まっている

  5. 歯はひとまとまりで働いている!

  6. 歯と歯茎の間は危険地帯!?