奥歯を失ったままだと太りやすい?

奥歯を失ってしまい、「いつかなんとかしなくちゃ」と思いはしたものの、いつの間にか奥歯がないことに慣れてしまい、治療を先延ばししておられるかたがなかにはいらっしゃるかと思います。でも、じつはこの慣れこそが怖いんです。

奥歯を失うと、咀嚼機能が低下します。ということは、食べ物をよく噛むことができないので、硬くて食べにくいものよりは軟らかくて食べやすいものを選んでしまいます。ついつい、簡単に満足感を得られるものに手が伸びてしまうということです。

たとえばですが、うどんやラーメンなどの麺類は、よく噛まなくても食べやすい食物です。すすって簡単に流し込めるので、噛めないストレスを感じなくてすみます。カレーライスなんかも同じでしょう。手軽に満足感を得ることができます。そして、その結果、しっかり食事はとれているという自己評価をしてしまいます。

このように噛めなくても食べられる食事は、じつはカロリーオーバーを引き起こしやすい一方、筋肉量の維持に必要な動物性タンパク質(肉や魚など動物から摂ることができるタンパク質)や老化を防ぎ体調を整える抗酸化物質(代表的なものは、ビタミンA・C・E、コエンザイムQ、フラボノイド系ポリフェノール、非フラボノイド系ポリフェノール、イオウ化合物、カロテノイド)などが乏しく、深刻な栄養不足を招きやすいのです。

肥満につながりやすいうえに、低タンパク質で筋肉が減ってしまうのでは、むしろ健康増進には逆効果です。しかし、現実に噛めないものが多くては、栄養改善のしようがありません。

奥歯を失ってから、食の好みが変わったということはありませんか?血糖値や内臓脂肪、体脂肪率が上がってはいませんか?糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞など病気のリスクを減らすためにも、歯科治療で噛めるお口を取り戻しましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 食べない時間に歯は修復される?

  2. 噛み合わせが悪いと脳への情報伝達が減る⁉

  3. 今日は歯列矯正の日

  4. 歯磨き剤の清掃力はタイプや形状によって違う!

  5. 力のコントロールで歯とあごを大切にしましょう!

  6. 歯の役割ってご存知ですか?