親知らずが生えているから抜きましょうって言われた!

 親知らずは「智歯(ちし)」とも呼ばれ、いちばん最後(標準的には18~20歳頃)に生えてくる歯です。しかし、現代人のあごの骨格は、食事が軟らかくなるにつれ、スリム化の傾向にあり、生えてくるスペースが少ないため、親知らずは斜めや水平に骨の中に埋まっていることが多いのです。
 その場合、様々なトラブルの原因になりかねないので、歯科医師は主に次の2つの理由から、痛みなどの症状がなくても早めの抜歯をすすめます。もちろん、親知らずが真っすぐ生えて上下の歯が噛み合っているのなら、抜く必要はまったくありません。

前方の歯を虫歯にさせない

 親知らずを抜歯するもっとも大きな理由は、親知らずのせいで前方の大事な歯が虫歯になり、失われるのを防ぐためです。親知らずが埋まって前方の歯に引っかかっている場合、その間に食片や汚れが溜まって虫歯になりやすくなります。
 親知らずの前方の歯の虫歯は、歯の根の深い位置にできるため治療が困難です。なので、痛くなれば抜くしかなくなるのです。親知らずを早めに抜歯しておけば、これを予防できます。

周囲の歯を歯周病から守る

 親知らずは顔を部分的に出して半分埋まっている状態が多いのですが、そうすると歯周ポケットができて、周囲の歯茎や骨に炎症が起きやすくなります。歯周ポケットに汚れが溜まって感染すると、歯周炎を起こして歯茎に痛みや腫れが出て、ひどいときは顔まで腫れることもあります。
 これは抗生剤を内服することで治まりますが、症状を繰り返すことが多くなり、抜歯する以外に根本的な治療法はありません。また、炎症が長期間に及ぶと周囲の骨を溶かし、前方の歯の根に、歯周炎などの悪影響を及ぼすこともあります。
 また、まれですが親知らずにより、前方の歯が外側や内側に倒れて歯並びや噛み合わせが悪くなることもあります。

 歯科医院で親知らずの抜歯をすすめられたとき、「痛くもないのになぜ抜かなければならないの?」と疑問に思うのも無理ないでしょう。でも、歯科医師はレントゲンを見て「親知らずが埋まって前方の歯に引っかかっている。早めに抜いてしまわないと将来この患者さんの大事な前方の歯が失われてしまう」といったことを考え、手遅れになる前に抜歯を提案しているのです。
 なお、親知らずの抜歯は、術式が困難であったり、術後の痛みや腫れがひどくなることが予測されるので、口腔外科の研修を積んだ歯科医院を受診されるか、病院の口腔外科を紹介してもらうのが望ましいでしょう。抜歯の必要性と、治療で予期されることを納得できるまで説明を受けたうえでお決めください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯磨きで健康ライフを!

  2. 噛み方に癖はある?

  3. 唾液の正体って知っていますか?

  4. 本当の歯の治療とは?

  5. 親知らずの抜歯がたいへんなのはなぜ?

  6. 歯はひとまとまりで働いている!